ブログ

ボート隊藪漕ぎPW 2018/7/6-8

Posted by on 7月 12, 2018 in ブログ, 藪漕ぎ | 0 comments

こんにちは!この頃迫り来るテストに怯えてる新人の新居です。ボート隊二回目のPWは白毛門から奥栗沢、赤坂山を通って土合駅に戻ってくるというルートで藪漕ぎの練習をしに行きました。

まず白毛門まで登山道で登っていきました。その登山道の入口でルートを外れて沢の方に出てしまったのですが、その時に見た景色が「もののけ姫」のワンシーンに激似だったのですよ(ジブリ好き人間)!今にもサンとモロたちが森から現れそうで、僕は思わず「我が名はアシタカ!」と叫びたくなりました(嘘です)。

話を戻して、白毛門から早速藪の中に入っていきました。僕はこの時点ではまだ藪もそこまで酷くはないのもあって、道のない所を自分で切り開いて行くという楽しさを感じながら歩いていました。しかしピークに近づくにつれて藪がどんどんやばくなっていき、しまいには「ここ人通れるの?」と思うような所を何度も木に引っ掛かりながら歩くことになりました。藪が深いため、足元もまともに見えず、雨が降ったため木が滑りやすくなっており一歩一歩恐怖を感じながら歩き、且つすぐにザックが木の枝に引っ掛かって先に進めないなど、もう正直踏んだり蹴ったりでした…。でも三年の先輩方は常人じゃないくらいの早いペースでズカズカ進んでいくもんですから、本当に凄いと思いました。日に日に尊敬の念が深くなる一方でございます。

そして壮絶な苦闘が終わり、土合駅から水上へ。そこで念願の温泉…!!辛い思いをしただけに(精神的に言えば錬成より辛かったかもしれない)あの時間は本当に至福の時間でした(笑)。

今回は夏合宿での藪漕ぎのための練習でしたが、今回藪を経験した分夏合宿ではもうちょっと藪漕ぎを楽しめそうです(笑)。

次のPWは7/22~23でシーラフトです!前回の失敗を活かして今度は日焼け止めを塗って行こうと思います!では!


(土合駅の長い階段)



 

 

 

鷹巣沢PW 2018/7/1

Posted by on 7月 10, 2018 in ブログ, 沢登り, 活動報告 | 0 comments

こんにちは。2年の坂上です。

前日の水根沢に引き続き、今度は鷹ノ巣沢に行ってきました!

鷹ノ巣沢は、僕は今回で三回目の遡行になります。もう勝手知りたる沢ですね。

いつものように朽ちた橋をくぐって遡行を開始します。

 


 

そしてこの沢の最大の見どころ、30m大滝。何度も来てるせいか、いつもより早く到着した気がします。


 

 

夏合宿に向け、ここでロープワークを入念にチェックしました。実地練習は大事ですね。 今回の練習が夏合宿に生きるといいです。

今週末は2本の沢を登りました。せっかく奥多摩まで来たので、これくらいやると満足です。

今回来れなかった新人には来週から頑張ってほしいです。

水根沢PW 2018/6/30

Posted by on 7月 10, 2018 in ブログ, 沢登り, 活動報告 | 0 comments

こんにちは。2年の坂上です。

錬成合宿を終えた今日この頃。今回は第一回PWということで、水根沢に行ってきました!

真夏日が続いていますが、水根沢ではずぶ濡れになりながらのシャワークライミングを楽しみました。

朝早いバスで奥多摩から水根沢に向かいます。

なんと水根沢はバス停から入渓ポイントが歩いてすぐのところにあります。この嬉しさが分かる人いますか…。

これで遡行が面白かったら文句なしです。

早速沢装備を着けて遡行開始。初っ端から水を頭から被って登っていきます。



 

ロープで補助しながら、濡れネズミで滝を越えていきます。でも暑いから気持ちいい!


 


 

つくづく最近暑くてよかったです。寒さで震えながらは勘弁したいです。

最後は傍を通る登山道に上がり遡行終了。アプローチ良し、遡行も飽きず、源頭部のグダグダ感もなし。また来たい沢でした!

今度は新人も来てほしいです。

自転車隊ワンダリング 2018/7/8

Posted by on 7月 9, 2018 in ブログ, ワンダリング記録, 自転車 | 0 comments

こんにちは!新人の野口です!

先週、足の痛みがひどすぎて欠席してしまったので、今回は体験ワンダリング以来のワンダリングとなりました。

8:00 葛西臨海公園駅集合
 

 

序盤は新中川沿いを北上しましたが、途中で道が途切れてしまい、江戸川沿いに移動。江戸川沿いをそのまま進み、熊谷を目指しました。
 

 

体験ワンダリング以来初めての本格的な自転車隊の活動となり、後半ではかなり体力的に厳しくなりました。総距離約120キロ。1日だけですし、まだまだ夏合宿には及びません。夏合宿に向けてのトレーニングの必要性を強く感じた1日となりました。

16:30頃 解散

 

霞ヶ浦自転車隊PW 2018/ 6/30~7/31

Posted by on 7月 3, 2018 in ブログ, 自転車 | 0 comments

こんにちは。二年の佐藤です。久しぶりの投稿です。
今回は夏に向けて自転車隊のPWに行ってきました。
第一回目のPWということで茨城県にある霞ヶ浦を一周してきました。
霞ヶ浦といえば日本で二番目に大きい湖として有名ですよね。



写真で見てわかるようにとてもいい天気でした。
良すぎて熱中症が心配になりました。
このまま夏まで突っ走っていきたいと思います!!!

天竜川ボート PW 6/29~7/1

Posted by on 7月 3, 2018 in ブログ, ボート | 0 comments

こんにちは!早くも再登場、新人の新居です!

平成最後の7月が始まってしまいましたね!皆さんはどうお過ごしされるのでしょうか?彼女と一緒に遊んだり、ご家族と旅行に行ったりですかね…。因みに僕は彼女がいません(できたことすらない)!(泣)

でも僕には楽しいワンダリングが沢山待っています!ってことで今回は天竜川に車で向かい、2日間ラフティングをしてきました!

僕にとっては新歓の時の体験ラフティング以来のワンダリングでしたので、まず最初は漕ぎ方などの動作確認。ボートをコントロールするための漕ぎ方も教えてもらったのですが、僕にはまだ難しくて出来ませんでした…。

そしてラフティング開始です!最初は漕ぎ方がなれず、左側のお尻がよく痺れてしまいましたが、段々慣れてきてコツも少しずつ掴めてきたので、技術も向上しつつ凄く楽しめましたと思います。やはり瀬があるところは爽快感があって良いですね。

救助の練習もしました!僕はロープを投げるのに一回目は失敗してしまい、悔しかったので二回目にチャレンジしたらなんとか成功!しっかりと救助の技術を身に付けられて良かったです。これで一応、最悪救助が必要になっても大丈夫ですね(安心はできませんが)。

そうして一日目は終了。二日目も同じところをもう一度漕ぎました。一回目よりも体力に余裕ができたのか、回りの景色をより一層堪能できました!

今回のPWでボート隊がどんな感じで活動しているのかを知れて、かつ夏合宿への期待が一層強くなりました!

でも取り敢えずはこの二日間で丸焦げになった肌を何とかしようと思います…。

(リーダー持参のボードとリーダー。このボードが意外と大人気。新たな競技が生まれるかも…?僕は新人ということであまり乗れませんでしたが…。)

6/21~6/26 錬成合宿甲斐駒仙丈隊

Posted by on 7月 2, 2018 in ブログ, 登山・縦走 | 0 comments

こんにちは!今回人生で初めてブログを書く新人の新居です。

6/21~6/26の六日間で錬成合宿に行って参りました。私たち後発隊は、6/6~6/10に既に八ヶ岳に行って来た先発隊とかなり間が空いており、その期間中ずっと同期や先輩に「錬成合宿はヤバイぞー」と散々脅されまくってビビるのを通り越してもううんざり…(笑)。そうして錬成合宿が始まったわけですが…。

初日はまず頭おかしいほど重い荷物で一気に2000メーターアップで体が困惑し、辛い。2日目は荷物に体が若干慣れたものの登りも下りも初日よりはるかに急勾配で、辛い。3日目はピストンだったので荷物は軽めだったけど、2日分の疲労に加え小仙丈までダッシュしたため、辛い。4日目は言わずもがな長すぎる行程に加え足の裏が痛くなってただただ長い時間苦痛に堪え忍んだため、辛い。という風に毎日が違う意味でしんどいという、ある意味我々を飽きさせない合宿になりました。

しかし、そんだけしんどい分頂上に登ったときの達成感と景色の雄大さは尋常じゃなかったです。ある日は山梨県の町が綺麗に見えたり、ある日は雲海が下界を覆っていたり、ある日は富士山が拝めたりと、山が良い分「今まで登ってきて良かったぁ!」と心から思えたのはすごく良かったです。また、先輩方も頑張ったらちゃんと労ってくれるので精神的な負担は少なく済み、そのお蔭で最後まで頑張ることができました。圧倒的感謝です!!

そして、結果的にこの錬成合宿が行って良かったと思える清々しい合宿になり、かつ全部の行程を問題なく終わらせることができたので本当に良かったです。

取り敢えず今回の合宿通して私が何を言いたいのかと申しますと…

「錬成半端無いって!!」


dav



(部室の写真です)

69代錬成合宿甲斐駒仙丈隊 2018/6/21-26

Posted by on 7月 2, 2018 in ブログ, 登山・縦走 | 0 comments

こんにちは新人の野口です!

先日、6月21日から26日まで錬成合宿で南アルプスに行っておりました!

まず、初めの山が黒戸尾根ルートからの甲斐駒ヶ岳でした。とりあえず勾配が激しく、序盤でバテバテになってしまい分隊。団配も解除されるなど同期とのレベルの差を感じました。なんとか刃渡りと梯子を超え、幕営地に到着。意外とこの日がペース的には1番良かったです。

 

朝は6時に出発。登りが晴れていたことが幸いでした。岩場も先輩のアドバイスでなんとか登りきり、甲斐駒ヶ岳山頂に到着。タッパー飯を食し、いざ下山と思いきや雨がポツポツ…岩場で手こずってしまった事もありこの日はびしょ濡れで幕営地に帰還。テントに着いてから、僕は放心状態でかなりの迷惑をかけてしまったと自覚しております。改善しなければなりません。
 

 

この日は仙丈ケ岳へのピストン。しかし、荷物が軽いとは言っても山が山。僕にとっては2日の疲労もあり、厳しい山登りとなりました。リミットギリギリでなんとか頂上に到着。そしてスムーズに下山。明日の行程に備えました。
 

 

2時起床、4時出発。ヘッドライトをつけて登山を開始しました。栗沢山、アサヨ峰、、、この日は何個の山を越えたのか…ひたすらに歩き続け、到着したのは18時頃。非常に頑張ったとしか言えません。
 

 

最終日は鳳凰三山。と言っても下山だけではありません。登って下山です。メンタル的に厳しかったです。しかし、登ってみればなだらかな稜線が開け、快適でした。薬師岳でのスイカとメロンは格別でした。ありがとうございます。怒濤の下山を終え、一行は温泉へ直行。靴擦れと戦いながら5日分の汗を流しました。気持ちよかったです。その後、韮崎駅近くの回転寿司に向かい、食べれるだけ食べました。注文を自由に行えることに快感を覚え、注文しすぎました。申し訳ありません。
 

 

非常に厳しい山行でしたが、振り返ってみれば素晴らしい経験が出来たなと思います。関係した全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございます!!

御岳ボートワンダリング 2018/6/3

Posted by on 6月 19, 2018 in ブログ, ボート | 0 comments

メンバー
L前田、SL笹野、伊藤、小宮

3年小宮です。
遅ればせながら6/3に行われたボートワンダリングの報告をさせていただきます。
僕は2年の体験ワンダリング以来、伊藤に関しては新人の時以来のボートワンダリングになりました。
この日は晴天で確か最高気温30越えのボート日和。スタート地点はラフティングを楽しむ観光客で賑わっていました。
今回持っていったボートは6人乗りのコロラドと2人乗りのダッキー。主に2人ずつ分かれて行動していましたが一度、ダッキー1人乗りに挑戦してみました。自分で操縦する感覚がたまらなく面白かったものの、方向を維持するのがとても難しく何度も逆転しそうになりました。そんな中、難なく乗りこなすボート隊。
 
 
さすがです。

 
カエルをいじめる伊藤

 
絶景

今回のような楽しさを重視したワンダリングもたまにはいいですね。
また活動が偏りがちなワンゲルでこのように他の部員の活動に触れる機会となるワンダリングはこれからも積極的にやっていきたいです。
 

6/6〜10 練成合宿八ヶ岳隊

Posted by on 6月 19, 2018 in ブログ, 登山・縦走 | 0 comments

6月6日から10日にかけて、長野県にある八ヶ岳で練成合宿を行ってきました。
自分の不甲斐なさをひしひしと感じる合宿でした。しんど過ぎて既に記憶の殆どを飛ばしてしまっているので、覚えているところだけ記していこうと思います。

6月6日
夜行バスとタクシーを乗り継いでやまのこ村まで一時間ほど歩く。既に割ときつい。
 
 
ゼェゼェ言いながら歩く中、先輩から「残念ながらまだC0や。」と悲しいお知らせを受けた初日。

6月7日
驚くほど記憶がないです。道中先輩に励まされながら、羊飼いに追い立てられる羊のようにキャンプ場を目指してひたすら歩いた気がします。
 
 
先輩のザックタッチゲームのおかげで少しだけ楽しく歩けたような、逆にきつかったような……?

6月8日
地形図を見ても写真を見ても何も思い出せない。硫黄岳通過した記憶すらないです。記念撮影してるのに……。
 
 
先輩方が団配と個装の他に、差し入れのスイカを持ってきていると聞いた時は誠に申し訳ないことに少し引きました。あんな球体をどうパッキングしていたのでしょうか……。四次元ポケット?

6月9日
9日も全く覚えていない日です……。読み応えのないブログになってしまう……。
 
 
写真から登った山が分かる画期的なポーズ。

6月10日
最終日!
 
 
私が倒れてしまったばっかりに最後の蓼科山が登れませんでした。めちゃくちゃに悔しかったので、来年は絶対登りきります!悔しい!

今回の合宿の反省を次回に活かしていきたいと思います。稚拙な文ながらここまで読んでくださってありがとうございました。