妙高山ワンダリング 2016/6/3-5

Posted on 6月 6, 2016 in ブログ, ワンダリング記録, 登山・縦走 | 2 comments

こんにちは。新人の植田です。
6/3-6/5に妙高で行われたワンダリングについて報告します。
メンバーは、Y岡さん、H田野さん、T中さん、T川さん、T田と私、植田です。

6/3は19時部室集合で、高田馬場から山小屋まで、OBのN友さんご夫妻に車で送っていただきました。23時ごろ山小屋に着くと、星がとてもよく見えました。


翌日。スキー場の麓から妙高山を目指します。スキー場にはゼンマイやワラビがたくさん生えていて、採りに来ている人に何度か会いました。
 
IMGP0012  
林道に入ると、ぼちぼち食べ頃の姫竹が見つかりはじめます。最初は見つけるたびに、「おおー!」となったのですが、山道に入るとぼこぼこ生えているので、有り難みがうすれましたが、たくさん採りました。
 
IMGP0077  
IMGP0026  
この時は笑顔のT田も、山道では辛そうで、十八番の「キャンプだホイ」が弱々しかったです。
 
IMGP0068  
山頂付近には登りたくなる岩がたくさんありました。山頂からはアルプスの山々が見渡せて、Y岡さんに山座同定を教わりました。山座同定面白いですね!
下山の最後、行きはスキー場を登ったところをう回路で下り、なかなか山小屋にたどり着かないので、T田としりとりをしました。一番印象に残った回答は「ダークネス・オブ・ダークネス」。おもしろかったです。

山小屋に戻ると、錬成合宿に備えてテント設営をしました。が、久しぶりだったので、上手くいくのに数回かかってしまいました。このブログを書いている前日にもテント設営の練習をしたので、合宿ではどうにか一発で成功させたいです…!
食当の練習もしました。

食後、ライターだけを使って焚き火を起こす競争をしました。私だけ一人で起こせずに、T 川さんやH田野さんに手伝っていただきました。まあ、T田も、早々に火を起こしたものの、結局火は消えてましたけど。
そして、起こした焚き火で、収穫した姫竹や、N友さんが買ってくださったじゃがいも、さつまいも、パイナップルを温め、山菜はN友さんの奥様が調理してくださり、いただきました!山菜は結構苦いですが、美味しかったです。
この中で特に美味しかったのは、さつまいもです。甘くて本当に美味しかった!
この日は、ハリボーの美味しさも再確認し、満腹になりました。


最終日は6時に起きて、食当をし、まず藪漕ぎ体験へ向かいます。私も少しトップをやってみましたが、まだやるべきではないと思いました。藪を漕ぎながら、後ろにも気を配るのは至難の技です。でも、藪の下りは植物を踏み倒していけばいいので、割と楽でした。
 
IMGP0019  
途中で見つけたこの神秘的な花、
 
IMGP0021  
は因縁の3号館ではなく、戸山公園に植えました。トレーニングの時に、たまにチェックしないとですねー

それから、魚のつかみ取りをするはずでした。川に行って探しても魚が全然見つからなかったので、釣り堀に行きました。つかみ取りは時期的にやってなかったので、釣りをしました。
男女で分かれて釣りをしましたが、男性陣は早々に釣っていました。結局一人一匹以上は釣ることができ、自分で獲った魚を捌きました。みなさん「ごめんねー」と言いながら、魚の頭を叩いてました。
 
IMGP0045  
体を切り開かれ、内臓を取り出されてなお、暴れる魚の生命力はすごいですね!人間には無理だと思いました。
 
IMGP0058  
魚の塩焼きをおいしくいただいた後は、近くの滝を見に行きました。
 
IMGP0061  
滝に向かう途中に橋が何本かあったので、飛んで揺らしました。あれはほんと楽しいです。
滝は想像したより立派で、見応えがありました。
 
IMGP0078  
滝の近くの巨大岩を滑っていた子供のまねをしてやってみました。滑りが良すぎて、危険でした。滝の近くの岩が全体的にツルツルしていたのはなんでだろう?
そして、温泉に入り、道の駅で、N友さんにお昼ご飯をご馳走になりました。
そこの野菜直売所で姫竹が一袋700円くらいで売っていました!姫竹狩りはいい小遣い稼ぎになると思います。

こうして振り返ってみると、盛りだくさんで、とても楽しかったです。このワンダリングを企画してくださった先輩方、ありがとうございました。そして、往復自動車で連れて行ってくださり、色々とご馳走してくださったN友さんご夫妻、大変お世話になり、ありがとうございました。
 

2 Comments

  1. ワンダリングお疲れさまです。
    ネマガリタケは妙高でも、シーズン終盤ですかね。
    もっと太いほうがしっかりとして、うまいです!

    白い花はギンリョウソウ(銀竜草)ですね。
    見た目のとおり、光合成をしないちょっと変わった植物です。

  2. ありがとうございます。

    太いタケノコも沢山散見されましたが、成長しすぎかと思って、取りませんでした…
    次回は太めを狙っていこうと思います!

    銀竜草、あの花にぴったりの名前ですね!教えいただき、ありがとうございます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。