榛名山新人ワンダリング 2018/11/2~4

Posted on 11月 7, 2018 in ブログ, ワンダリング記録, 山スキー, 活動報告, 登山・縦走 | 2 comments

【メンバー】4人

新人 L新居

   SL佐藤

   野口 堀

【行程】

11/2(金)

高田馬場駅12:15=榛名湖バス停15:55=C0地点16:20

前夜は野口宅に全員宿泊。朝に部室で軽く準備し、出発。

榛名湖周辺はかなり観光地化された場所であるのでC0する場所を確保できるか少し不安であったが、当初の予定通り「湖畔の宿」記念公園で場所を確保できたので良かった。20:00~21:00には就寝。他の三人の寝付きの良さにL驚愕。

11/3(土)

5:00起床=6:30出発=7:42掃部ヶ岳山頂=9:07~9:30鬢櫛山登山口=10:07/10:54烏帽子ヶ岳手前の分岐=10:30烏帽子ヶ岳=11:19~11:45榛名富士登山口=12:50榛名富士山頂=14:06榛名高原駅=15:10C1榛名湖オートキャンプ場

榛名湖の朝焼け

6:00出発の予定が、掃部ヶ岳登山口が分かりづらく見つけにくかったのと、グダってしまったので結局6:30出発。最初は笹藪の急登が続く。初っ端から堀が遅い。足が半歩分しか動いておらずこの先の行程がちょっと不安に。

朝日を浴びて輝く榛名湖
これを見て堀も元気を取り戻した、はず

掃部ヶ岳山頂でパシャり

硯岩で撮って貰った写真
ここはかなり眺望が良かった

紅葉も綺麗で文句なし

堀がペースを取り戻してきたものの、このままだと榛名富士をカットせざるを得なくなるかもしれないため、やむなく鬢櫛山をカット。ここからピストンの所はザックをおいて最低限の荷物をカモ小に入れてほぼ空身で登ることにした。

烏帽子ヶ岳山頂
外からみると本当に烏帽子の形をしているから面白い山である

榛名富士山頂で撮った自撮り写真
どこの山の写真か分からないが、同期が大好きな私にとってはかけがえのない一枚

この日は榛名湖オートキャンプ場でC1。洗い場ではお湯が出るなどかなり居心地のいいキャンプ場であった。同期だけの幕営もまたとても楽しかった。ただ各々が差し入れを持ってきすぎたせいで楽しい食事が食の錬成に…。今度から差し入れの量は調節しようと我々は固く誓うのであった。この日は21:00前には就寝。

11/4(日)

4:00起床=6:00出発=6:30相馬山登山口=7:10臥牛山山頂=7:50二ツ岳登山口=8:50二ツ岳雄岳山頂=9:50ツツジヶ峰休憩所=11:10G伊香保神社

昨日のペースなどを考えてこの日は相馬山と二ツ岳雌岳をカットすることに。今回カットした山々はまた今度来たときに是非とも登りたいと思う。

エアリアでは往復15分程度と書いてあった筈の臥牛山が、かなり時間を食った。というかルートが物凄くわかりづらい…。車が通ったあとのある道の途中で一辺10cmほどの小さな矢印で示されたほぼ獣道のようなところが登山道となっていた。もし臥牛山にいく場合は気をつけてほしい。

何気に苦労した臥牛山であるが、山頂から見える景色は素晴らしかった。榛名富士と榛名湖にかかる雲海が朝日に照らされてはっきりと見え、非常に美しかった。

ただただ美しい

そこから二ツ岳雄岳の登山口まで林道歩き。そこから雄岳山頂へ。ここもほぼ空身でピストン。山頂は電波塔の奥にあり、これもわかりづらいので要注意。雄岳からはこれまでの軌跡が一望でき、エンディングを飾るにはとても良い山であった。

雄岳山頂

これまでの軌跡が一望できる最後っていいなぁ

傾斜が緩やかだっため、予想以上に早いペースで下山。11時過ぎには伊香保温泉に到着。15時のバスまで疲れた身体を癒すことに。

伊香保の天然温泉

紅葉と橋と野口と

先輩方から言われた通り、かけがえのない楽しい山行になった。もう積雪期になってしまうが、また同期で山行に行ける日を楽しみにしている。今度はノブ(佐藤)にLをやってもらおうかな。🤔

新居

2 Comments

  1. 新人ながらしっかりとした記録を残し、素晴らしいです!
    64YU

    • ありがとうございます!
      初めての記録でしっかり書けているか不安だったので本当に嬉しいです!
      来年度になってしまうかもしれませんが、今後も記録を書くときは手を抜かずに頑張ろうと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

three × two =