安達太良PW-ing 2019/2/2-3

Posted on 2月 4, 2019 in ワンダリング記録, 山スキー, 活動報告 | 0 comments

【主旨】
プレ春合宿に向けた行動力の向上
【メンバー】
A班 L 3年M田 SL3年K宮 U田 2年S藤 S保 1年S藤 N居
B班 L 3年I藤 SL3年T田 TO田 2年I田 K端 K倉 1年N口 新人K藤
【ルート】
2日
Sあだたら高原スキー場-リフトトップ1150m-薬師岳-1600m地点 P-C1あだたら高原スキー場
3日
C1-リフトトップ1150m-薬師岳-安達太良山山頂-振子沢-勢至平-Gあだたら高原スキー場
【概念図】
上2日、下3日

【行程】
2日
8:00 二本松駅よりタクシーで移動
8:30 あだたら高原スキー場着
9:30 1150mリフトトップ
11:30 1600m地点滑降開始
13:00 あだたら高原スキー場着
13:30 幕営

かなりの強風のなかでの行動。高気圧の淵に位置したためか。今年度もロープウェイが休業していたため、リフト2本を乗り継いでいく。完全にホワイトアウトしたため予定より少し手前で滑降開始。快適に滑れる区間が短いため、下りに使うにはあまり適していないルートだ。

3日
9:00 1150mリフトトップ
11:30 安達太良山山頂
12:00 振子沢滑降開始
14:00 あだたら高原スキー場着

前日とうってかわり雲ひとつない晴天。汗ばむほどの気温の高さであった。斜面がガリガリでないか心配だったが程よい締り具合だった。パウダーが皆無だったのは残念。安達太良山から矢筈森までの稜線はアイピン必須なので、登山道から矢筈森直下の振子沢まで降りるべき。樹氷が発生しており、ツボ足でさっさと降りた方が楽。勢至平は傾斜が緩いためシール歩行を選んだが、必須ではない。登山口からゲレンデまでは5分ほどなのでシールを付けずに板を担いだ方が早い。

五葉松平
by智恵子
右手に安達太良山、ここからでも樹氷が見える
1600m地点、なぜここで迷うんだい…?
斜面はガリガリだがそこまで苦ではない。
山頂までは板をさして向かう
安達太良山山頂
方角的に見えるのは磐梯山かな?
振子沢での滑降し始め

次はいよいよ吾妻でのプレ春合宿だ。今回のように天候に恵まれることを祈る。

M田

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

10 − 3 =