月山・鳥海山W-ing 2019/5/4-5

Posted on 5月 10, 2019 in ワンダリング記録, 山スキー, 活動報告 | 0 comments

【主旨】
3年K倉のリーダー経験を積む。2年S藤の山スキー技術の向上。東北の山を楽しむ。

【メンバー】
L 3年K倉 SL 4年M田 2年S藤 OB K

【ルート】
4日 月山 S月山スキー場-リフトトップ1500m-牛首-月山山頂-姥ヶ岳-G月山スキー場
5日 鳥海山 S祓川-七ツ釜避難小屋-七高山-新山-七高山-七ツ釜避難小屋-G祓川

【概念図】
上 月山 下 鳥海山

【行程】
5/ 4 月山

  • 8:45 月山スキー場リフトトップ
  • 9:30 牛首
  • 10:00 月山山頂
  • 10:30 滑走開始
  • 11:00 姥ヶ岳山頂
  • 11:30 月山スキー場着

 2019/5/4、日本列島は二つの大きな高気圧に覆われた。雲ひとつ無い快晴という好条件。5月頭なのに山形は25℃。朝、GWということもあって月山スキー場の駐車場は車でいっぱいだった。8:00からスキー場はopen。予想通り、雪質はザラメ雪で登りはスイスイ。牛首から少し傾斜がキツくなる。ここら辺でシートラやツボ足で登る人が増えてくる。我々は直登の練習としてそのままシールで登った。

                                 

ここがリフトトップ。左の山が姥ヶ岳で、Tバーリフトという珍しいリフトがあった。


リフトトップからのトラバース。


牛首からの急登。ここまではシールで登れる。

牛首からの登りの斜度は30度前後。

山頂より鳥海山を望む。

月山の山スキールートはいろいろある。次は北月山荘に滑るルートを行ったみたい。

5/5 鳥海山

  • 6:20 祓川
  • 8:00 七ツ釜避難小屋
  • 8:50 七高山
  • 9:30 新山
  • 10:20 滑走開始
  • 11:00 祓川

 2019/5/5、今日も高気圧の影響で快晴。前日の4日に月山から山形の酒田市を通って、象潟の道の駅で夜飯を食べ、夜のうちに祓川の駐車場で幕営。だんだん人が増えてくる。今日も雪質はザラメ雪で予定よりかなり早く七高山に到着。

七ツ釜避難小屋。頂上に見えるのが外輪の七高山。
どのラインを滑ろうか考えながら登る。
七高山から新山を望む。外輪の西側の夏道を使って新山に向かう。
新山山頂。外輪からアイゼン、ピッケルで新山へ。
山に感謝。

 早稲田ワンゲルとして鳥海山を登ったのは、約10年ぶりだとか。GWは忙しいかもしれないが、ぜひ行ってみてほしい。今度は大平ルートを滑って見たい。日本海に向かって滑る鳥海山は圧巻に違いない。

3年K倉

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

9 − 8 =