第18回天竜川WWF 2014/9/20-21

Posted on 9月 23, 2014 in ボート, ワンダリング記録 | 2 comments

こんにちは。新人の原です。

天竜川ホワイトウォーターフェスティバルに参加してきました!ご報告いたします。

 

まずは、こんなに楽しい大会に誘ってくださった橋下OBに感謝いたします。お忙しい中練習も計画していただきありがとうございました。夏合宿からご指導いただいた内山OB、面白いお話をありがとうございました。尾形OB、力強い掛け声をありがとうございました。

 

出発日の金曜日。一週間前に天竜川にて行った特訓による腕の痛みが治まっていないが、とても楽しみ。仕事帰りの内山OBと尾形OBと合流し、9:30頃に大学を出発。深夜の2時頃にキャンプ地に到着。テントを張り、就寝。

起床し、ボートのチェックを受ける。ダウンリバーのみのレースだと思っていたところ、打倒テイケイのため、ファンスラロームレースが復活。一艇ずつ90秒間隔で出発。まず、陸地にて的を狙ってロープを投げる。とても惜しかったが残念ながら外れてしまった。

パドルでタッチしなければならないポイントがあった。行きは良かった。しかし、タッチした後、そのまま波にのまれフリップ。わあ、落ちると思った瞬間に水の中。数秒後、水面に顔を出したが、その時にはボートと3人ははるか彼方へ。我々3人はパドルをもってボートに向かって必死に泳いだ。一生追いつかないのでは?という不安が一瞬過ったが、「左に泳げ」という声が聞こえた。ボートにたどり着き、引っ張り上げてもらう。一人で乗り込めないことが悔しかった。練習をしなければならない。初めての本物のフリップ。確かに怖かったが、楽しい思いが勝った。

一日目を終え、結果は10位。目標は8位以上と決め、9時には就寝。

 
二日目は、ダウンリバー。4艇ずつ2分の間隔をあけて出発。練習したスタートダッシュを行った。この日はひたすらに漕ぎ続けるのみ。少しでも違うことを考えると前とずれてしまう。つらいと感じたが、今までの練習、前、後、隣から聞こえてくる「いーち」の声に合わせ、漕ぐしかない。一方、前の2人は力が有り余っているようで漕ぐスピードが速い。勘弁してー、と思いながら、ただただ腕を動かす。到着。

結果は8位。ダウンリバーのみでは5位。そしてなんと料理コンテストでは佳作として、バーベキューセットをいただいた!使うのが楽しみだ。じゃんけん大会でも速乾性の下着を獲得。

とても楽しい大会だった。ご指導してくださったOBの方々、本当にありがとうございました。
 
IMG_1216  

2 Comments

  1. ボート楽しそうでいいね!
    前の2人ってのはヒロと君塚のことだな?笑
    頑張ってねー

    • 中嶋さん
      コメントありがとうございます。
      とっても楽しいです!食事もおいしいです。皆さんとお話をするのも楽しいです。

      参加メンバーは、内山OB、尾形OB、橋下OB、君塚、羽田野、原です。
      前の2人は、尾形OBと君塚です!

      次回は瀬の中でも漕げるように頑張ります!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。