【優勝】2016年New Year 皇居ランニング祭り!!

みなさまあけましておめでとうございます。すでに1月も半ばですが、、、。 年末の昇格式で昇格しました1年生でなんと駅伝に出てきました。   種目は20kmリレー駅伝。 皇居周辺一周が5kmなのでチームで4周ですね!!!   チーム編成は 早大ワンゲル:小濵・木元チーム 早大ワンゲル新人男組:市川・酒井・上野・田中  (ネーミングは田中です)   20kmリレー駅伝は、全10チームでした。 思ったより大規模で、やる気がなかったメンバーもちょっと緊張気味、、、。 第一走者は、このふたり。   (左:市川、右:小濵 10枚くらい撮影したのですが、市川がやっとこの一枚でカメラ目線)   (「よ~い」)   (「ドン!」) (タスキリレー瞬間の写真がないまま、最終走者へ・・・「写真撮ってくれよ・・・泣」) 結果は…   【優勝】 早大ワンゲル 【準優勝】 早大<中略>男組   なんと勝ってしまいました。驚き。   (「あ~、いいっすねぇ~!」)   (「ふたりで勝っちゃったあああ~!」)  ...

Read More

埼玉ブルべ300km 2015/10/31-11/1

埼玉ブルべワンダリング 【距離、時間】303km、18,5h 【隊員】L 比呂増彦、SL 吉岡颯、新人 市川和也 【活動報告】 隊員の授業やバイトの関係で、22:30 に田無駅集合。そのまま入間駅へ。24:00には翌日の受付場所である、河川敷に到着。そのまま幕営し就寝。 5:00起床。テントから出てみると、ブルべ参加者が続々と集まってきている。嫌でもテンションが上がってきている。荷物を受付に預けて、6:00出発。完走することが第一の目的だから、周りに合わせず自分たちのペースで進む。あいにくの曇り空だったが、すっきりとした空気の朝方を走るのは気持ちいい。 10:30頃 順調に進んでいたが問題発生。新人I川の自転車のフレームがぽっきり割れる。衝撃。きっと厄年なんだよ、市川。ドンマイ! 17:00 約200km地点の宇都宮に到着。宇都宮といえば、餃子ということで、餃子を食べた。やっぱり餃子は水餃子です。 24:00...

Read More

第19回天竜川WWF 2015/9/19-20

【日程】 9/18(金)~20(日) 【主旨】 66代集大成 他チームから刺激を受ける 【場所】 天竜川(宮ヶ瀬橋~天竜峡) 【メンバー】 L原 SL君塚 62代大門OB 64代内山OB 64代尾形OB 64代橋下OB 新人:小濵 酒井 實野 田中 【水位】 9/19(土) 宮ヶ瀬橋-0.73 天竜峡2.88 9/20(日) 宮ヶ瀬橋-0.84 天竜峡2.56   【活動報告】 18日(金) 20時に部室を出発。 比呂と濱田がお見送りに来てくれました。ありがとう!     立川組は21:30出発。途中SAで合流する予定だったが、立川組が出発の時点で談合坂SAに到着したため、現地集合に変更。コンビニで朝食と昼食を購入し、店内をぶらぶらしていると立川組が到着。速い! 25時に就寝。案の定、今回も一部のメンバーは宴会をしてから就寝。やはりパワフルです。   19日(土)...

Read More

第18回天竜川WWF 2014/9/20-21

こんにちは。新人の原です。 天竜川ホワイトウォーターフェスティバルに参加してきました!ご報告いたします。   まずは、こんなに楽しい大会に誘ってくださった橋下OBに感謝いたします。お忙しい中練習も計画していただきありがとうございました。夏合宿からご指導いただいた内山OB、面白いお話をありがとうございました。尾形OB、力強い掛け声をありがとうございました。   出発日の金曜日。一週間前に天竜川にて行った特訓による腕の痛みが治まっていないが、とても楽しみ。仕事帰りの内山OBと尾形OBと合流し、9:30頃に大学を出発。深夜の2時頃にキャンプ地に到着。テントを張り、就寝。 起床し、ボートのチェックを受ける。ダウンリバーのみのレースだと思っていたところ、打倒テイケイのため、ファンスラロームレースが復活。一艇ずつ90秒間隔で出発。まず、陸地にて的を狙ってロープを投げる。とても惜しかったが残念ながら外れてしまった。...

Read More

第17回天竜川WWF 2013/9/13-15

参加者:L H下 SL F永  お食事大臣 A木 切り込み隊長 O形 おそらく早稲田ワンゲル史上初!!現役艇で表彰台へ! まさかの事故で出場断念したボート隊長U氏の無念を晴らすべく、次代ボート隊長F永を緊急招集して挑んだTWF。 久しぶりのボートの大会はわいわいチームでの参加となりましたが、それでも十分レースのおもしろさや、思う存分漕ぐ楽しさを感じられました。来年はボート経験の少ない新人とかも参加できるといいですね。   13日 まずは監督からコロラドをお借りすべく、立川へ向かう。現役部の持っているコロラドは、手術ミスのよって原因不明の空気漏れを起こして、専門会社へ預けているところ。なかなか帰ってこないので、お借りすることにした。監督、ありがとうございました。...

Read More

第5回御岳カップ 2012/11/10

メンバー…L F永  SL U山  T内  H下 11月9日(金) 南砂町での朝練を終え、授業とワンダリング準備とゼミ面接をこなし、部室に戻って着替えて朝食購入をして出発。ボートを運ぶカートには今日も使ったGMOTEXとテント一式、ライフジャケット、ヘルメットが搭載されており、運ぶのがとても大変である。特に早稲田駅では階段での移動を強いられ、中野駅では人が少なくなってきた頃にエスカレーターを占領せざるを得ない。早稲田⇒中野⇒立川⇒青梅⇒御嶽と電車を乗り継ぎ、23時30分頃に御嶽駅到着。吐息が白く、結構寒い。長袖のシャツを着て第三発電所に向かう。...

Read More

第19回長良川WWF 2012/10/5-8

2013年 ラフティング世界選手権in ニュージーランド 世界大会2連覇の王者日本。史上初の3連覇を目指すこの世界大会。その代表選考会行われた。 2012年10月 岐阜県 日本でも指折りの激流長良川で行われる「長良川ホワイトウォーターフェスティバル」 私達早稲田大学ワンダーフォーゲル部のレースラフティングの歴史はこの長良川で始まった。そして今年もまた、新しい歴史の1ページが刻まれたのであった。   10月5日 いよいよこの日がやってきたという感じだ。昨日の朝練の疲れが全くないといえば嘘になるが、問題ない。朝から午後6時までぶっ通しで授業を受ける。 5限の授業が早めに終わったので、6時前には部室に到着できた。3年生は年間方針のミーティングを行なっている。リバーマップ等を準備し、学生会館のセブン・イレブンで昼食券夕食と明日の朝食を購入する。...

Read More

第6回御岳カップ 2011/11/12

日時)2011年11月12日(土) 場所)御嶽・多摩川 ※水位は1日を通してほぼ-2.48(平均は-2,5) ※競技区間は御嶽小橋から下流400メートル(三つ岩は含まない) メンバー)L竹内(2年・左バウ)・SL内山(2年・右バウ)・福永(新人・左スタン)・橋下(2年・右スタン) <リザルト> スプリント25位/54チーム スラローム32位/53チーム 総合 28位/54チーム ・スプリント① クランクの瀬を抜けた後、右に外れてしまう。原因は分からないが、なだらかな右カーブであること、あるいは左右の体重バランスか。 ・スプリント② クランクの瀬まではなかなか。ラストの200メートルでやはり右に行ってしまう。左後ろの抑え必須。 ・スラローム① 全ゲート(13)通過、接触1。 絶対的な経験不足、個人の動きの判断がまだまだ遅い。2年生3人で全ゲートを通せるだけの操船技術が必要。 ・スラローム②  1ゲート不通過、接触2...

Read More

第18回長良川WWF 2011/10/8-10

2011長良川WWF 10/8~10 <第一章 伝説の始まり> 我々は当初RJ-1入賞を目指していたが、なんと史上最高の総合RJ-1 8位!初日のスプリントでRJ-1に入るか否かが決定する。だから、我々はスプリントに重点を置いて練習を行った。スタートダッシュ練習や20分漕ぎ…。「Big Bears」に足りなかった「漕ぎ力」を強化した。とはいえ、ボート活動未経験が一人。新人の長谷川である。 <第二章 初心者> 62代と63代の狭間、ダークゾーンに位置する長良川WWFでは、メンバー集めにも一苦労。今回は去年の天竜川WWFに出場したスーパーサブ二年尾形と、ボート活動がまったくの未経験という新人長谷川が出場してくれた。尾形の漕ぎは素晴らしく、まるでボート経験者のようだ。普段は沢をやっている影響か、水に対する恐怖もまったくない。長谷川には巨体を活かした漕ぎを期待していた。当初は脱沈やフリップにパニクっており、漕ぎも全然ダメであったが、本番は愛の力で素晴らしい漕ぎを見せてくれた。...

Read More

水上エクストリーム・リバベン公式練習会 2011/5/14-15

5月14日・15日の2日間をかけてみなかみX-TREMEが群馬県みなかみ町利根川で行われました。 この大会は日本一決定戦!と銘打っているように非常にレベルの高い大会でした。 ロシアの激流に向けては良いステップ、挑戦なのではないかと考え、私達はBIG BEARSとして、2チームしかいない現役の学生チームの一つとして参戦しました。   初日 湯原水位が4.25(簡単に言うとかなりの増水状態)と、いまだかつて経験したことのない水量でのレースとなりました。 そのため、レース区間も当初予定されていたものとは異なり、大分下流になりました。 しかし、下流であっても今までに体験したことのない高波があちこちにあり、どでかいホールもそこらじゅうにありました。 そのような中、1本目はレスキュー艇に先導されつつのプラクティスラン。 ここで危険個所の把握を行い、続いてのダウンリバー。...

Read More

第17回長良川WWF 2010/10/8-11

10月8日午前10時30分。私たちは、翌日に控えた長良川WWF本番に向け練習を開始する。午前中はスプリント予選区間を確認した後、車で移動しながらポイントとなる瀬をスカウティングする。午後はダウンリバーのコースを確認し、この日は道の駅にて就寝。 10月9日、大会初日。早朝からあいにくの雨だが、スプリント予選に向け最終調整を行う。9時半頃予定通り競技がスタートし、結果は15位。見事RJ-1入りを果たした。午後に行われた決勝では、予選7位のチキンハーツさんとの勝負。相手チームとの競り合いの中で私たちの目指すラインから外れる形となってしまい、負けてしまう。H2Hでどう戦うかが今後の課題となった。スプリント予選・決勝を終え、この日の成績は総合14位。競技終了後は冷えた体をお風呂で温め、カツカレーをお腹いっぱい食べたあと夜食券でラーメンを食べ、早めに就寝。...

Read More

第34回リバベン 2010/5/28-30

  期間   2010年5月28日~5月30日 地域   水上 メンバー   L大門 SL宮澤 渡部 春田OB 横塚 佐藤知      5月28日  練習   リバベンは、本番の前日から入り、出来るだけ前日の公式練習に参加してから本番に臨みたい。という願いがかなった。監督と辻さん、そして春田さんは寝酒をするということだったが、今日は朝練もあり疲れがたまっていたので、早々に眠ることにした。...

Read More

御岳ジャパンカップ 2010/4/11

  期間   2010年4月11日 地域   御岳(奥多摩) メンバー   L大門 SL宮澤 渡部 春田OB(57代)      4/11  御嶽大橋―御嶽小橋×2   今回はついにスラロームの大会。ということでこれまでしてきたことがどのくらいできているかの確認ができるのである。 試合当日、朝起きるとまずはスカウティングである。ボートの大会ではこれが一番重要だ。どこの流れをどのようにしてアプローチしてどう入ればどのゲートをくぐれるか。それをメンバー全員で統一するのである。 今回は12ゲートあり、微妙に本流を外されていたりして、難しそうだ。 ということで、全員でプランを立て、12本のゲート全部のアプローチの仕方を共有し、軽く練習した後に一本目。 しかし、流れの強さを読み間違え、殆ど全てのゲートに接触してしまう。それでも12本中11本通過した。...

Read More

第16回長良川WWF 2009/10/9-12

  期間   2009年10月9日~10月12日 地域   岐阜県・長良川 メンバー   L若林慧 SL大門 宮澤 横塚 杉森 渡部 鈴木 佐藤由 主旨   RJ1進出と総合順位トップ10入りを目指す!     《結果》 スプリント・タイムトライアル:14/20(RJ1) スプリント・H2H:14/20(RJ1) スラローム:19/20(RJ1) ダウンリバー:18/20(RJ1) 総合成績:19/20(RJ1) 公式サイト結果 《第16回長良川WWFまでの軌跡》 5月のリバーベンチャー選手権に出場した若林(慧)、大門、宮澤、横塚の4人に新人杉森と渡部が9月から参加。 9月4・6日 朝練(南砂町) 9月9~13日 天竜川WWF(大門 横塚 杉森 渡部) 9月16・17日 朝練(南砂町) 9月19~21日 長良川ワンダリング 9月23・25日 朝練(南砂町) 10月2日 朝練(南砂町) 10月4日 水上講習会 10月6日 朝練(南砂町)...

Read More

第13回天竜川WWF 2009/9/10-13

  期間   2009年09月10日~13日 地域   天竜川 メンバー   L大門 SL横塚 元木 杉森 渡部 春田OB 主旨   長良川ホワイトウォーターフェスティバルに向けて基礎力をつける      9/9(水)  部室=(車)=かわらんべ駐車場    出発の日。リーダーである自分はバイトの関係で23時近くに部室に到着。監督コーチ会から帰ってきた3年生の2人と仕事が終わりレンタカーを取ってきてくださった春田さんと合流して出発。 もはや何時だか覚えていないが、途中何度かの休憩を挟み、信州飯田市に到着。翌日の朝食を各自購入し、かわらんべの駐車場で就寝。9月とはいえ、盆地である飯田の夜は寒い。シュラフカバーだけでは対応できない気温だ。      9/10(木)  阿島橋-かわらんべ  ...

Read More

第33回リバベン 2009/5/30-31

  期間   2009年 5月 30日~31日 地域   水上 メンバー   L横塚 SL宮澤 若林慧 大門      5月29日(金)  早稲田=水上   9時過ぎに部員会が終わり、リバベン選手は出発の準備を行う。今回のメンバーは横塚、宮澤、大門、慧である。今回はスプリントでとりあえず決勝トーナメントに行き、上級進出を目標だ。荷物を監督の車に載せ準備万端!と思ったが、テントを忘れそうになるがぎりぎりのところで間一髪気付きセーフ。 今回応援に来てくださる人は大家監督、春田さん、池田さん、鈴木、渡部に加え、宮澤のお母さん,筒井が来てくれることになった。来てくれる人、応援してくれている人達のためにも頑張らないとな、と思いつつ、わっしょいで行われている懇親会に一瞬顔を出した後、水上に向けて出発した。...

Read More

御岳ジャパンカップ 2009/4/12

  期間   2009年4月12日 地域   御岳 メンバー   L横塚 SL宮澤 大門 若林慧 佐久間 大家監督      4/12  早稲田=(中央線)=御嶽   8:00 集合~代表者会議まで練習 9:00 代表者会議~ゲートのスカウティング 11:00 スラローム一本目開始 12:00 スラローム二本目開始 15:00 表彰式   ゲートのスカウティング 場所は御嶽大橋のすぐ下流だ 一本目前の様子 最後までミーティングを行い、意思統一をする   BIG BEARSと応援に駆けつけてくれた保延 一本目の反省中   競技終了! 今回の反省を次に生かす! 同じく応援に来てくれた新人小山 応援に来てくれた古川・保延・小山、本当にありがとう! 願うは、覇者「早稲田」     ジャパンカップ第一戦・御嶽スラローム 7:20 御嶽に前夜入りしていた横塚、大門、佐久間が御嶽駅を出発。...

Read More

第15回長良川WWF 2008/10/10-13

  期間   2008年10月10日~13日 地域   岐阜県・長良川 メンバー   L横塚 SL宮澤 佐久間 大門 多田 若林慧 大池 主旨   ”長良川ホワイトウォーターフェスティバル” 目指すはRJ-1、名門早稲田の復活へ!      10/10(金)  練習日   世界大会用のボート 世界も同規格のボートで行われる。 これから三日間頑張ります!   試合前の一漕ぎ 入念にミーティング 各人の調子を言い合う      10/11(土)  大会初日 スプリント (予選)宝泉温泉-宝伝橋 (決勝)三段の瀬   スプリントのラストの瀬 ラストスパートをかける!      10/12(日)  大会二日目 スラローム 三段の瀬   ストリームイン! 4番のダウンゲートを目指す   4番はくぐれそうだ! 次の5番に向けてくぐる前から準備!  ...

Read More

天竜川ジャパンカップ 2008/9/6-7

  期間   2008年 9月 6日~7日 地域   天竜川 メンバー   L横塚 SL中山 多田 大門 春田OB 大家監督      9/5(金)  部室前=(自動車)=座光寺河川敷グラウンド    21:00 部室集合。今回の交通手段は車だ。なんと監督が車を出してくださるという。本当にありがとうございます。荷物をあらかじめ用意しておき、監督の車に荷物を詰め込む。春田さんがお仕事の関係で少し遅れるとのことなので、その間に野外料理コンテストの料理を何にするか考えることになる。なかなか決まらない。カレーとか、カツとか言っていたが、最終的にはロシアンルーレット餃子とマーボー豆腐に決まった。春田さんも合流し、天竜川へと向かう。高速では渋滞が発生していて何かと思っていたら事故があったようである。トラックが中央分離帯に乗り上げ大きくへこんでいる。私も現在教習所通っているが、これを見ると非常に怖い。このおかげで到着が遅れることに…。  ...

Read More