4/9~10 乗鞍岳フォローW-ing!

こんにちは。数日前に22になりましたワンゲル新2年の谷川です。ちなみに明日は洪さんの誕生日です。 今回は春休みに雪山に登れなかった羽田野さんとわたしのフォローWingという位置付けで目的は積雪期技術習得・滑降力強化というものでした。     8日夜馬場発。出発直前に私の愛しのadidasズボン(だいぶ人生を共にしてきました)が縦に大きく裂けてる事件があり、内心だいぶショックをうけていました。 ザックとスキー板とスキー靴の入った袋を持ち、金曜帰宅ラッシュの中央線に乗り込みます。あの電車に一緒に乗っていた方々本当にごめんなさい。でもわたしもだいぶ辛かったです、はい。 松本駅に到着。わたしにとっては念願の初ステビ(ステーションビバーク)です!ずっとずっとしてみたかったんですよね、ステビ‼︎ 今年はいろんなところに寝てみたいですね♡     翌朝はまた電車とバスを乗り継ぎMt. 乗鞍スノーリゾートまで移動し、そこからスキー靴と板をはいて、いざ出発‼︎ おっと、雪がないではありませんか‼︎...

Read More

66代夏合宿 黒部湖東西繋ぎ隊 2015/8/14-24

夏合宿縦走隊記録 【主旨】 ・夏合宿縦走隊として全体主旨の黒部湖を横断する。 ・北アルプスの変化に富んだ縦走路を楽しむ! ・C6という長期行程を安全に終える 【山域】 後立山・剱立山連峰:五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳・針ノ木岳・立山・剱岳 【メンバー】 L小林(記録・渉外) SL中嶋(装備) 2年:君塚(食糧・医療) 原(気象・会計) 新人:市川 田中 酒井 實野 【行程】 8/13(木) 12:00 部室集合 12:40~早稲田~松本~信濃大町~神城駅(C0) 19:33 8/14(金) 6:00 C0~6:30 とおみ駅~7:30 アルプス平-9:44 中遠見-10:54 大遠見-13:30 五竜山荘C1 8/15(土) 6:10 C1-7:32 五竜岳-11:40 口ノ沢のコル-13:30 キレット小屋C2 8/16(日) 5:10 C2-7:36 鹿島槍ヶ岳北峰-8:07 鹿島槍ヶ岳南峰-9:46 冷池山荘-11:13 爺ヶ岳中峰-12:20 種池山荘C3 8/17(月)...

Read More

66代夏合宿 黒部の山賊隊 2015/8/18-25

夏合宿沢隊記録 【主旨】 ・夏合宿沢隊として黒部源流域を探求する。 ・C6という長期沢合宿の復活。 【山域】 黒部源流域 【メンバー】 L藤田(記録・渉外・会計) SL洪(装備、食糧) 福島(気象、医療) 新人:小濱 木元 【行程】 8/17(月) 出発日 高田馬場=20:00 折立ヒュッテC0 8/18(火) 5:30 C0-6:20 真川入渓-9:00 シンノ谷出合-13:00 幕営地1800m付近C1 8/19(水) 6:00 C1-10:00 真川源頭部-14:05 薬師沢小屋-17:00 雲の平ヒュッテC2 8/20(木) 6:00 C2-9:40 高天原小屋-12:30 竜晶池-13:30 高天原小屋C3 8/21(金) 4:30 C3-8:55 鷲羽岳-10:30 三俣蓮華岳キャンプ場C4 8/22(土) 停滞日 鷲羽岳P 8/23(日) 5:00 C5-5:50 黒部源流記念碑-9:50 五郎沢出合C6 8/24(月) 5:20 C6-6:20 赤木沢出合-9:40...

Read More

春山モント研報告 比呂

非常に、非常ーーーーーーーーーーーーに遅れて申し訳ないのですが、これより5月に行われた、春山モント研について、報告したいと思います。 まずモント研とは。モント研とは、文部科学省登山研修会の略で、全国各地の登山活動をしている大学生が、登山のメッカ立山に集まり、日本有数の登山家の方から約一週間合宿形式でご指導を頂く場です。全国各地の大学生が集まることで、各大学の交流が盛んに行われ、より活動の幅を広げることができます。 自分はワンゲルの積雪活動の基本となるスキー班に参加しました。今回僕が参加した班は3年生が2人、2年生が5人と例年にない、若い班となりました。私たちの班の成果を先に述べると、最終目標とした、スキーでの剣登頂はおろか、別ルートで登頂を目指した、池之平山でさえ、登頂することはできませんでした。原因は以下の3点になると思います。 ・ロープワーク技術の欠如 ・シール歩行の技術不足 ・スキー滑降の技術不足...

Read More

猫岳第三尾根 2014/1/19

日時】 2014年1月19日(日) 【天候】雪のち晴れ 【メンバー】L:S木 SL:F田 1年:N嶋 S井 アシスタントコーチ:O形 【行程】 久手牧場看板(6:30)-第三尾根-夫婦松駐車場(9:45)-乗鞍スカイラインと大崩山への尾根との分岐(12:00)-大崩山手前2450m地点(12:55)→滑降開始(13:30)-夫婦松駐車場(15:40)-久手牧場看板(17:20) 【コメント】 「無残にも大崩山にすら到達出来なかったw-ing」となってしまった。 急斜面のシール歩行や滑降等においてまだまだ課題が見られた。しかし、今回のw-ingは実力以上のものを敢えて計画して、予定ルートの踏破は無理だったものの、各自で反省して今後に向けて頑張ろうという意気込みも見られたので、65代山スキーw-ing第一弾としては全く無駄なものにならなかったと言えるだろう。 力をつけてまたリベンジしたい山域だ。 【ルート状況等】 ・「自然愛護」の看板があるチェーン脱着場には10台程駐車可能...

Read More

64代夏合宿 天空のクロヤリ隊 2013/8/11-29

8月10日 17時に高田馬場に集合した後、新宿のバスターミナルに向かう。OBの方々に見送っていただいてバスに乗り込む。10時には信濃大町駅に着き、駅前に適当な公園を見つけ、そこで寝ることにする。恵一朗さんとも会い、持ってきたお酒とお菓子で軽く楽しむ。この日は青木の誕生日でもあるので、藤田がスイーツを買ってきた。朝が早いので、1時間もしないうちにお開きとなる。 寝ていると、近くで飲んでいた帰宅途中のサラリーマンが驚いていたが、もう一人が荷物を見て「彼らは山に登るから」と説明していたのが聞こえた。   8月11日...

Read More

白馬栂池周辺 2013/1/5-6

参加者 L H下 SL  T内 3年 A木 2年 S木 F永 O家監督 新年一発目の山スキーは大当たり! 正月から遭難が絶えず、雪崩も心配されていましたが、幸いにも雪にも天気にも恵まれて白馬のパウダーを満喫できました。 ご同行下さったO家監督、お忙しい中ありがとうございました。 山スキーの魅力を存分に味わえて本当に楽しいワンダリングでした。これからの活動に弾みがつけばと思います。 【行程】[5日 裏ヒヨルート] 8:30栂池ゴンドラトップ―10:05鵯峰西コル―11:59親沢源頭部―13:45若栗の頭―15:15白馬乗鞍スキー場     正月から大荒れの天気で遭難が多発したが、その中で本日は久しぶりの移動高となってピーカン。実に運がいい。 せっかくなのでパウダーを狙って裏ヒヨルートを選択する。ただJANのHPでは雪崩の危険性を強く警戒していて、期待と不安が入り混じっての出発となった。    ...

Read More

穂高~大キレット~槍 2011/9/16-19

9月16日  この日は朝早くから電車とバスに乗って松本から上高地へ向かう。新島々駅ではたくさんの登山客がいた。上高地に着いたらすでに送ってある食糧等を郵便局で受け取る。軽量化していたはずなのに重いのはなぜだろう。天気がよく河童橋で写真を撮ったりしながら岳沢に伸びる登山道に進む。トップは青木に頼んだ。  登りは非常に良い天気で暑かった。途中ドイツ人の登山者に会ったりしながら岳沢小屋に2時間ほどで到着。この日はあとは昼ごはんのラーメンを食べたりしながらのんびりと過ごすことにした。  みんなで沢の上部の雪渓のそばに行ったりして、紅葉の季節にも来たいなど話しながら時間が過ぎていく。  しかし翌日の天気が良くないという話を聞いていたので信じたくないと思いつつ小屋の天気予報の情報を得る。降水確率は低くなかった。  夜は前のワンダリングで余ったお菓子等を食べて少しでも軽くしようとする。トイレのために外に出るともう雨が降っていて翌日の天気に不安が残る。 9月17日...

Read More

燕~常念~蝶ヶ岳  2011/9/13-15

9月12日(月)  12時新宿スバルビル前に集合。いつもの集合場所とは異なり少し戸惑うが、遅刻も無く全員集合。見送りには多くの部員が駆けつけてくれ、差し入れも、とってもありがたい。皆に見送られ出発。バスの中では由梨さんからのシュークリームを頂く。  夕方に松本に着き、駅の近くの中華料理で夜ご飯。電車にのり、穂高駅からタクシーで中房温泉へ。登山口の近くで寝ようとしたが、小屋の人に見つかってしまったため少し下った駐車場で寝ることに。軽く前夜祭をやって21時には就寝。 9月13日(火)  翌朝4時20分起床。真っ暗で星がでている。今日晴れそうだ。準備し、登山口で水を汲み5時15分出発。後ろから来た二人組に登山口を聞かれた佐久間さんは間違った方向を教えてしまい、その二人はそっちへ行ってしまったようだ。あまり人を信用してはいけないと思う。...

Read More

62代春合宿 後発隊 2011/4/3-5

4月3日 家の近くから都バスに乗って新宿に向かう。電車に比べて格段に楽だし、早い。これから は、これにしようと心に決めた。 新宿に着くと、竹内のザックがすでにあるではないか。噂によると、集合の40分以上も前に来ているという話である。適当にコンビニでご飯を買って高山行き8:00発のバスにのる。 前回と同じように諏訪湖SAで休憩。ここは、八ヶ岳もきれいに見えるしスタバもモスもあるのでいいSAだと個人的に思っている。 バスで寝るために、睡眠時間を削ってきたので熟睡。あっという間に平湯に着いた。 途中には、釜トンネルが見えた。1年の時に行った焼岳のワンダリングが懐かしい。 平湯キャンプ場の奥で、竹内のアイピン練習をしていると、先発隊が帰ってきた。大崩山は、よかったらしい。明後日が楽しみである。...

Read More

62代春合宿 先発隊 2011/4/1-3

4月1日 7時に新宿高速バスターミナルに集合。Lが到着した時には既にほとんどのメンバーが来ていた。集合5分前には全員がそろい、ミーティング。いつもどおり、体調や団体装備、気象等を確認するが問題なさそうだ。特に気象は期待できそうである。ミーティング後は8時のバス出発まで待機とする。朝早い中後発隊の佐久間、保延、渡部の3人が見送りに来てくれた。ありがたい限りである。3人と共に集合写真を撮った後、お互いの無事と成功を祈り、バスに乗り込む。予定通り8時にバスが出発した。 12時半頃には平湯に到着し、C0のキャンプ場に向かう。キャンプ場入口は歩いて15分程度で、標識もあるので分かりやすい。さらに10分ほど歩くと尾根の取り口に到着。幕営を手早く済ませ、アイピン練習を行う。フラットフッティングやピッケルの持ち方を確認する。ただ、午後の気温の高い時間帯だったため雪が緩い。練習の効果としてはかなり微妙…スケジュールの組み方は要反省である。...

Read More

JAN主催SC 2011/1/8-9

日本雪崩ネットワーク主催セイフティキャンプ 【参加目的】  雪崩に関する正しい知識を習得し、積雪期活動のリスクマネージメントに生かす。 【講習会内容】 初日 講義 ビーコン捜索練習・捜索シミュレーション 2日目 屋外での実習(栂池高原鵯峰付近での積雪安定性評価) ディスカッション 【報告】 講義:基本的には我が部で行っているスクーリングで既に扱っている内容が多かった。新しく得た知識を箇条書きにして以下にまとめる。 ・流下するスラブの密度は100~250kg/㎥ ・グライド(斜面の積雪の動き)→しわ・クラックとなり、全層雪崩の原因となる。 ・スラッシュ(水で飽和した雪)の場合、斜度が非常に緩くても(15度程度)雪崩は起こりうる。春先の急激な気温上昇があった日などは注意。 ・人による刺激は雪面の真下に伝わり、横方向にはほとんど伝わらない。そのため、必ずしも“人数が多ければ多いほど危ない”という訳ではない。...

Read More

焼岳~上高地 2009/3/7-9

  期間   2009年3月7~9 日 地域   焼岳、上高地 メンバー   L沼田  SL古川 佐久間 若林恵 鳴海AC 主旨   北アルプスを登りたい!滑りたい! 山スキーの経験値を上げる      7日  バス停-大正池の端の橋B.C. 【1h】     ホリデー快速でたった1 回の乗り換えで松本に到着。車中、カナダの留学生に出会い、カナダ、アラスカのトレッキング情報を聞いたりする。彼は最近デナリに登頂したそうで・・・!! 連絡先を交換した。よき出会いがあるものだ♪    そのまま5人+1人でアルピコ高速バス高山線に乗車。上高地に近づくにつれ白銀の世界・・・と思いきや、一向に雪が見えてこない。雪不足で撤退・・・? 内心不安でバスの中一睡もできなかった。釜トンネルの入り口、中の湯バス停で降りる。ここからは車道を歩く。トンネルの中は真っ暗でこわい。...

Read More

60代雪上訓練 2008/11/22-24

  期間   2008年11月22日~24日 地域   立山連峰 メンバー   A: L谷口 SL筒井 古川 宮澤 大池   B: L長谷川 佐藤理 田中 安倍   C: L佐藤穂 SL小松 沼田 横塚 佐久間 鈴木      11/21 高田馬場駅=扇沢  11/2 扇沢-室堂-雷鳥平B.C.   室堂にて全員集合!! 雷鳥平にて幕営      11/23  雪上訓練@雷鳥平   埋められてる佐久間… 埋没体験訓練です!      11/24  雷鳥平-室堂-扇沢=新宿   搬出ソリ ちゃんと作れ!! 今回は実際にソリで人を乗せて引きました。 ちなみに… 引っ張られている片方は大家監督です。 バスを出して頂いたりとお世話になりました。 本当にありがとうございました。   ※ヤマレコ記録はこちら...

Read More

鹿島槍~五竜~唐松岳 2008/9/14-16

  期間   2008年 9月 14-16日 地域   北アルプス 鹿島槍・五竜・唐松岳 メンバー   L沼田 SL鳴海OB 安倍 長嶋 若林恵 主旨   夏はまだまだ終わらない!パート2!!   あこがれの鹿島槍へ!北アルプス縦走を楽しもう♪      9/14  扇沢-種池山荘-爺ヶ岳-冷池山荘C1     もう肌寒い扇沢から出発 稜線に上がるまでが大変   「遠い…」(安倍) お昼寝中のNさん      9/15  C1-鹿島槍ヶ岳-五竜岳-五竜岳山荘C2     早朝の鹿島槍 今回のハイライト! 雲海を眼下に佇む新人   剱岳をバックにピース! キレット通過中   険しい岩場が続き、油断できない 「おなかへったよ~」(雷鳥)   荒涼とした稜線を行く C2の五竜山荘      9/16...

Read More

槍ヶ岳~穂高岳 2008/9/5-8

  期間   2008年9月5~8日 地域   槍ヶ岳、穂高岳、上高地 メンバー   L沼田飛鳥(2) SL古川歩(2) 筒井宏輔(2) 主旨   夏はまだまだ終わらない!あこがれの大キレットへ♪北ア縦走を楽しもう!      9/4 東京=中房温泉    雨を心配しつつ宮澤&横塚に見送られ、5時間電車にゆられ、さらにタクシーで中房温泉に到着。夜空には天の川。今晩はここのすみっこでねる。ちょっとした前夜祭をしつつも夜も遅いので(22時過ぎ) 就寝とする。シュラフなしで寝られる気温。      9/5 【8H】  5:15中房温泉-9:06/10:30燕山荘(⇔9:45燕岳)-13:10大天荘C1  ...

Read More

59代夏合宿 四万十の星‐天の記隊 2008/8/6-25

  期間   2008年8月6日~25日 地域   剱岳周辺・四万十川 メンバー   L長谷川 SL谷口 中山 宮澤 横塚 佐久間 多田 大門      8/6~8/11 1R  東京=富山=室堂-立山三山-剱沢小屋C1~2⇔剱岳-仙人新道-池の平キャンプ場C3-池の平-仙人谷-阿曽原温泉小屋C4-折尾谷-水平道-欅平   大空をバックに体操、「いーちに、いーちに」 夏合宿しゅっぱぁーつ!   目の前には天に突き刺さる剱が・・・ 難所通過、ふぅ。。   剱岳制覇!! 今日は剣沢を通過。涼しくて気持ち良い~   山の中に温泉だぁ! 今日はひたすら下り。長い。暑い。   恵みの水だー。サイコー!! 欅平到着。1Rしゅーりょー!      8/12~8/14 休養日+移動日  富山=京都=土佐大正   休養日の京都。舞妓Haaaaan! 京の名所都路利 都路利パフェ、いただきます。...

Read More

白馬岳~雪倉岳 2008/5/3-5

  期間   2008年 5月3日~5日 地域   後立山連峰 白馬岳・雪倉岳 メンバー   L酒井、沼田、大家監督、辻OB(55代)      5月2日 猿倉駐車場泊C0  5月3日 猿倉―大雪渓―白馬岳―頂上宿舎C1  5月4日 C1―柳又谷源頭部滑降―雪倉岳―北面滑降―瀬戸川―蓮華温泉C2  5月5日 C2―振子沢―天狗原―栂池   5月3日 6時前くらいに出発。駐車場は車で埋まっているが歩いている人はまばら。大雪渓は上まで6時間半くらいかかった。ピーカンでとにかく暑かった。照り返しで真夏より暑いのでは、と思うくらい暑かった。傾斜はやはり急なので、少し怖かったが、結局最後までシール歩行で登れた。N氏はだいぶ体力的にキツそう・・・おつかれさん!テルモスに雪を入れて溶かして水を作った。   20歳になったアスカ 私からのプレゼントです 猿倉駐車場   大雪渓下部 大雪渓上部   雪をテルモスに入れる 暑い・・・...

Read More

日本オートルート 2007/5/4-6

  期間   2007年5月4日-5月6日 山域   北アルプス(立山連峰) メンバー   L廣光 酒井      ジャパニーズオートルート。それは日本の山スキーヤー達の中で、特別な響きを持つルートである。そもそもオートルート(la haute route、 高き道)とは、アルプスの最高峰『モンブラン』の山麓シャモニから、アルプスのピラミッド『マッターホルン』の山麓ツェルマットに至る山岳路のことであり、春のスキーシーズンに山スキーを駆使して走破される。北アルプスの立山をモンブラン、槍ヶ岳をマッターホルンに見立てた、いわゆる日本版のオートルートは、エスケープの限られた超ロングルートであり、高度の体力・技術(含スキー)が要求される。  ...

Read More

穂高岳 2005/9/17-19

穂高ワンダリング報告書 日時:2005年9月17-19日 メンバー:L廣光 SL米山 池田 安岡 地形図:上高地・穂高岳〔1:25000〕     9/17 (約5h) 5:50上高地-7:10徳沢-8:10横尾-9:13本谷橋-10:56涸沢 9/18 (約10.5h) 4:30涸沢-6:20穂高岳山荘-7:10奧穂高岳7:30-8:00穂高岳山荘9:30-12:37北穂高13:10-15:00涸沢 9/19 (約4h) 6:45涸沢-7:45屏風のコル-10:30徳沢-11:45上高地     <9月17日>...

Read More