大菩薩峠自転車PW 2017/7/16

こんにちは。新人の川端です。 今回も私はワンダリング2日目からの参加でしたので、そこからこのブログもスタートしたいと思います。(1日目については志保の投稿へ。) 4時起床、食事をぱっぱと済ませ、出発へ。 県道を少し走ってさっそく峠に差しかかります。 まずは自転車で上日峠まで!最初の2キロ位は息が切れるほどでしたが、だんだんと自分のペースが掴めるようになって、坂を登るのに丁度良いギアも見つけられて、スムーズにペダルをこぐことができました。     しかし、チャリ後の登山では、まだまだ自分の脚力の限界を思い知らされます。 それにしても、頂上までの過程には、稜線に吹く風といい、そこから見える景色といい、拙い言葉で表現するのが申し訳ないほど惹かれるものがありました。       現在、夏合宿に向けて増量中ですが、週末のワンダリングで平日に蓄えたものが全て消費されているような、、、。それだけハードなワンダリングをこなしているということでもあり、その分、自信にもつながります。...

Read More

大菩薩自転車PW 2017/7/15-16

1707015-16柳沢峠-大菩薩嶺登山   68代自転車PW代4弾 今回は奥多摩駅から国道411号を進み、柳沢峠を越える。そして柳沢峠の向こうにある塩山市で幕営し、翌日大菩薩嶺に登山する行程となる。先週のPWと同様きつい行程となるが北海道のため、頑張ってほしい。   日程 2017年7月15-16日 1日目       9:00 奥多摩駅集合 9:30 奥多摩駅出発 土曜日の9時ということもあって登山客やチャリ屋で賑わっていた。しかしザックと自転車の二刀流は私たちのみ。たまらないね。 14:00 柳沢峠到着。U田がかなり苦労していたが何とか到着。よく頑張った。 16:00 塩山駅到着。柳沢峠からほぼノンストップで下った。U田は登りの鬱憤を晴らすかのように飛ばしていた。塩山駅にてK端と合流。近くのスーパーにて買い物。...

Read More

小室川谷遡行〜大菩薩嶺〜大黒茂谷下降 2016/7/23-24  

み な さ ん。お久しぶりです。二年のき も と です、木元。 ところで、7月末、大学では何が行われるか知っていますか? はい、試験ですね、はい。はい、はい!はい!はい!そんなのカンケ(ry)   【ルート:大菩薩嶺山域、小室川谷遡行-蛇抜沢出合C1-大菩薩嶺-大黒茂谷下降】   【メンバー:4年中嶋さん、3年洪さん、2年木元(私)、新人千田】   2年になって、トップを任されるようになりましたが、トップは難しいですね。去年、セカンドでやっていたのとは大違い。どんだけ楽だったか。   このPWを入れて、PWは夏合宿まであと2回!   今回のPWの目的は、素早い遡行技術を身につけること、計画コースを貫徹すること。前回のPW(大除沢)は惨敗だったのでリベンジを誓う!   さて、時系列順に写真を交えて見ていこーーーーー!   3時起床。 4時20分ごろ出発。     三条大橋でC0(前日泊)をし、林道をぐんぐん進み入渓点まで。...

Read More

大菩薩 小室川谷・大黒茂谷 2011/5/4-5

主旨:遡行と下降の経験を積むⅡ 日程:C1夜発、5月3日(火)~5月5日(木) メンバー:L保延(4年)、SL佐久間(4年)、青木(1年)、尾形(1年)、古川OB(61代) ガイド:『沢登りルート120』   行動概略 5月3日(火) 奥多摩駅―(タクシー)―三条新橋C0 5月4日(水) 三条新橋4:33―泉水谷林道―4:52入渓地点5:10―6:08①7m滝先6:20―7:00S字峡―8:45松尾沢出合い9:00―9:50④8mCS10:30―11:30中ノ沢11:40―12:50⑥10m滝13:00―15:55蛇抜沢C1 5月5日(木) 蛇抜沢C15:15―6:12フルコンバ小屋沢出合い6:22―7:15稜線7:30―7:55大菩薩峠7:57―大菩薩嶺―8:45下降地点9:00―11:3012m斜滝―11:55山道橋―山道―13:00④三段連瀑隊帯先右岸沢から流れる滝―14:354×6滑滝―ゴルジュ帯―15:23泉水谷林道―16:10三条新橋―18:05丹波バス亭...

Read More

大菩薩嶺 2004/5/15-16

新人栗原フォローワンダリング報告書 日時:2004年5月15-16日 メンバー:L武井(3年) SL廣光(2年) 栗原(新人) 米山(新人) 地形図:大菩薩峠 (1/25000) 塩山駅-裂石-千石茶屋-ロッヂ長兵衛(C1)-石丸峠-大菩薩峠-賽の河原-雷岩-大菩薩嶺ピストン-ロッヂ長兵衛-裂石-塩山駅     <5月15日>  朝8時立川駅集合、栗原がぎりぎりに現れる。家が国分寺ということで気を抜いていたらしく、俺の時計で30秒前だ。注意して電車に乗り込む。最近お疲れの爆睡廣光を除く三人はワンゲルトークをして時間を過ごして、塩山駅に着きバスを待つ。このバスには2年間のワンゲル生活で3回もお世話になっているが、100円はやはり安い。二本木経由に乗り、裂石にて水を汲み…と言った所で米山が磁北線を引いていないことに気づく。事前に確認し忘れていた。この時期の計画書には地図の所に「磁北線は引いておくこと」と書いておくべきであった。...

Read More

大菩薩 2003/5/25-26

大菩薩・峠越えワンダリング報告書 日時:2003年5月24-26日 メンバー: L 牛田光則(2年) 柳瀬(新人) ~主旨~ 「峠」と言われて、江戸時代の旅人が小さな茶屋で団子を喰っている風景を思い浮かべるのは僕だけだろうか?他にもそんな旅に憧れる奴はいないのだろうか?と、言うわけでこの「大菩薩・峠越えワンダリング」を計画した。  『山と渓谷』によると奥多摩の丹波から大菩薩峠に至る道は、旧青梅街道であったらしく、理由あって正当には関所を越えられなかった人々が人目を避けて歩いたルートだったらしい。そのため「裏甲州街道」とも呼ばれたとか。過去の旅人が、どんな思いでこの峠を越えたのか、空想を巡らしながら歩きたいと思った。 ~記録~ 5月24日(土)...

Read More

大菩薩嶺 2003/4/15

大菩薩ワンダリング報告書 日時:2003年4月15日 メンバー:L武井(2年) SL牛田(2年) 大菩薩登山口-丸川峠-大菩薩登山口(撤退) 4月14日  15日の7時28分の塩山駅発大菩薩登山口行きのバスに乗るためには、Lの家からでは始発に乗っても着きそうにないのでSLの家に泊まらせていただく。SLの家にはかわいらしい犬がいるのだがどうも動物に嫌われがちなLは漫画のごとく手をかまれてしまった。痛手を負ったまま明日の天気はあまりよくない、というSLの言葉を気にしながら夜遅くに就寝。 4月15日...

Read More

大菩薩嶺 2002/11/13-14

大菩薩ワンダリング報告書 日時:2002年11月13-14日 メンバー:L森田 哲生(48代) 辻 雄貴(2年) 武井宣樹(新人) 地形図:大菩薩峠 柳沢峠 1/25000    2002年11月13日(水) 大菩薩登山口815-Co1290 907/917-丸川峠1020/1038-大菩薩嶺1153/1213-大菩薩峠1300/1310-上日川峠1408/1423-中日川峠1514 (行動7h)  ...

Read More