2020/8/6棒ノ折嶺体験山w-ing

メンバー L 4年S保 SL 3年S藤 4年K端 2年U釜、N島 新人K澤 新入生2名   行程 飯能駅9:30発-さわらびの湯10:30発-500m地点11:17着-727m地点12:13着-棒ノ折嶺13:11着-749m地点15:08着-登山道終わり17:00着 梅雨やテストといったわだかまりは去り、盛夏を感じる朝。駅到着時点で暑い。新入生の一人は山靴を購入し気合十分。もう一人も久しぶりの運動ということでワクワクしている。バスを降りてすぐ登山開始。登山口を見つけるのに無駄な動きが入る。一発目はしっかり決めたい。踏み跡がしっかり付けられ迷う心配はなし。ただ最初の二本新入生の様子を見すぎて、2㎞程度しか進まない。N島に指示だしして、ペース配分を考えさせるべきだった。平日にもかかわらず下ってくる人を10人は見た。マスクやネックゲーターをする人もいればしない人も。感染予防徹底のためにはすれ違う際にタオル等で口を覆わせるべきか。その後トップをU釜に入れ替え、緩急つけた歩きを意識させる。...

Read More

御岳OB・OG交流会w-ing記録2019/6/1

メンバー L2年 SS 新人 KK、AK、RN 8:45 御嶽駅集合 9:15 清掃活動開始 10:15 清掃活動終了 11:15 川井キャンプ場再集合・BBQ開始 14:30 BBQ終了 15:30 川井駅解散 6/1にOB・OGの方々と共に御嶽駅周辺の河原で清掃活動を行ってきました。当日は快晴の中、これまでの最高記録である30㎏超のごみを収集することができ、現役も活動に貢献できたように思います。反面、一見きれいに見える奥多摩の自然は意外と汚れているのだと知り、残念にも感じました。ごみは自分で持ち帰ることを徹底したいです。そのあとは、川井キャンプ場に場所を移し、BBQを楽しみました。普段交流できない方々とお話しできうれしかったです。今回の交流会に参加していただいたOB・OGの方々には厚くお礼申し上げます。...

Read More

新歓ハイク2019/4/13~14

こんにちは。約1か月越しのブログ投稿となってしまいました。2年のSです(なんだかコードネームみたいですね)。今回は棒折山で行われた新歓ハイクについて記します。 13日は主に移動と焚火がメインでした。18時ころに奥多摩駅に到着し、荷物をデポし、近くを流れる日原川へ。薪がなかなか見つからず苦労しましたが、買っていった太い薪のおかげで安定した焚火が出来上がりました。この日のメインディッシュはジャガイモ。そう、じゃがいも。アルミホイルでバターとともにくるみ焼きに。おいしかったです。マシュマロを焼くのもおすすめです。失敗するとシイタケになります。新入生も楽しんでくれていたようでよかったです。次の日に備えて9時ころには就寝。...

Read More

棒ノ嶺山ワンダリング 2018/10/7

【メンバ‐】3人 三年 SL千田  二年 L川端 新人 堀 【行程】 10/7(日) 飯能駅7:10=8:15さわらびの湯バス停出発=12:00棒ノ折山山頂=16:25小沢バス停 6:45飯能駅集合。遅刻者なし。あさイチのバスでさわらびの湯へ向かう。バスターミナルは早朝にもかかわらず老若男女のハイカーやトレイルランナーでごった返していた。それもそのはず、台風も過ぎ去り久々の晴れ晴れとした休日、みんな考えることは同じである。山に行くのにこの人かあ…。   1時間程バスに揺られ、スタート地点に到着。まるで夏日のような眩しさ、暖かさ!そして温泉の湯気がもくもく上がる里山の雰囲気最高ではないか。...

Read More

丹波川PW 2018/7/7-8

こんにちは。本名よりあだ名が定着し千と千尋現象を起こしている新人の佐藤です。下界と天界では七夕なるイベントが行われているようですが、 そんなことはお構いなしに丹波川でワンダリング活動を行ってきました。僕は一日目のよるに遡行開始地点の尾崎行雄踏査記念碑という場所に着いたのですが、あたりはもう真っ暗!先輩方の焚いていたたき火が暖かくほっとしました。二日目の朝、6時頃に遡行を開始すると冷たい丹波川の水が沢足袋の中に。川幅が広めの場所に出て、まず徒渉訓練を行いました。個人的には三人がかりで互いのストラップをつかみながら移動するスクラム徒渉が印象に残ってます。先輩方に挟まれる安心感、、、丹波川は先日の雨の影響のためか増水気味で進むのも一苦労でした。途中では泳ぎが何度も入り楽しみながら遡行。全員が一度ならず二度も流される場面も(笑)。...

Read More

徒渉訓練&丹波川本流遡行ワンダリング 2018/7/7-8

メンバー L四年I川 SL三年I藤、三年T田 二年K倉、S上 新人S藤 7/7 8:00奥多摩集合 13:30丹波本流、尾崎行雄踏査の碑下の河原 14:00徒渉訓練 17:00訓練終了 17:10新人S藤合流 18:00夕食 22:00就寝 8:00集合8:30のバスに乗って丹波道の駅へ出発・・・のはずがホリデー快速奥多摩が遅延し、バスを乗り過ごしてしまう。 次のバスが11:00・・・ってまじですか。 ようやく12:00に全員丹波道の駅を出発。林道歩きは2時間くらいかかるかと思われたが一時間ちょいで到着した。 そこから①手がかりなしの普通の徒渉②スクラム徒渉③ロープを使っての徒渉④簡易三角法⑤末端交換三角法 をそれぞれ河原をあっちにこっちに行ったり来たりしながら練習。 釣り師の人が入れ替わりにいなくなってラッキーだった。丹波には釣り師が多い。 夜はたき火をして就寝した。タープを三角屋根にして就寝。I川は焚火のそばでシュラポン。 7/8...

Read More

鷹巣沢PW 2018/7/1

こんにちは。2年の坂上です。 前日の水根沢に引き続き、今度は鷹ノ巣沢に行ってきました! 鷹ノ巣沢は、僕は今回で三回目の遡行になります。もう勝手知りたる沢ですね。 いつものように朽ちた橋をくぐって遡行を開始します。     そしてこの沢の最大の見どころ、30m大滝。何度も来てるせいか、いつもより早く到着した気がします。     夏合宿に向け、ここでロープワークを入念にチェックしました。実地練習は大事ですね。 今回の練習が夏合宿に生きるといいです。 今週末は2本の沢を登りました。せっかく奥多摩まで来たので、これくらいやると満足です。...

Read More

水根沢PW 2018/6/30

こんにちは。2年の坂上です。 錬成合宿を終えた今日この頃。今回は第一回PWということで、水根沢に行ってきました! 真夏日が続いていますが、水根沢ではずぶ濡れになりながらのシャワークライミングを楽しみました。 朝早いバスで奥多摩から水根沢に向かいます。 なんと水根沢はバス停から入渓ポイントが歩いてすぐのところにあります。この嬉しさが分かる人いますか…。 これで遡行が面白かったら文句なしです。 早速沢装備を着けて遡行開始。初っ端から水を頭から被って登っていきます。   ロープで補助しながら、濡れネズミで滝を越えていきます。でも暑いから気持ちいい!     つくづく最近暑くてよかったです。寒さで震えながらは勘弁したいです。 最後は傍を通る登山道に上がり遡行終了。アプローチ良し、遡行も飽きず、源頭部のグダグダ感もなし。また来たい沢でした!...

Read More

大菩薩嶺・柳沢峠フォローワンダリング 2018/5/26-27

五月晴れの続く5月最終週の土日に、山梨は甲州市の大菩薩嶺に登ってきました。 4月下旬に行われた新歓合宿に参加できなかった新人のフォローを主な目的としたものです。体力面でも精神面でも一度山に登ったのと登らないのとでは、新人の間で大きな差になるということでした。 今回のワンダリングにおける当初のルートは26日に電車とバスを乗り継いで上日川峠まで向かい、睡眠をとった後の27日、上日川峠を発ち、大菩薩嶺、鶏冠山にのぼり青梅街道にでるというものでした。しかし、残念なことに中央線に遅れが生じたことで上日川峠へのバスに同日中に乗れず、ルートは短縮され最終ゴールは柳沢峠となりました。...

Read More

大菩薩嶺 follow w-ing 2018/5/26-27

【メンバー】 L遠田 SL川端 二年坂上 志保 新人 佐藤 今村 【行程】 5/26  12:29早稲田駅=15:30甲斐大和駅C0 5/27 7:45甲斐大和駅=8:45上日川峠~大菩薩嶺~丸川峠~六本木峠〜下山 【5/26】 12:20部室集合 15:30甲斐大和駅着  中央線が止まってしまった影響で上日川峠行きの最終バスを逃してしまった。仕方がないので甲斐大和駅でステビをする。今回の目的の一つであったテント内での行動様式を覚えるということはできなかったが、食当だけでも幕営風にスペースを区切って新人に行わせてみた。手順は割と覚えていたが、コンパクトに行うという意識はあまりついていなかった。テント内で食当を行えなかったのは結構痛いかもしれない。  バスを逃したことで行動時間が減ってしまうのが明らかなのでリミットを切っておく。13:30までに六本木峠までたどり着けなければ柳沢峠に向けて下山することとした。 【5/27】 7:45上日川峠行きバス 9:00 行動開始...

Read More

真名井沢体験w-ing 2018/5/13

真名井沢体験w-ing 【メンバー】 L伊藤 SL市川 3年千田 2年熊倉 坂上 新人I村、S藤、N居 【行程】 5/12 奥多摩駅にてI村以外は前夜泊 5/13 朝、川井駅に移動。眠れる時間が長かったためか、みんな起床時間前には起きていた。 川井駅に移動し、I村と合流。10分前行動が身についているのか、ぎりぎりの時間で来ることはなかった。有難い。 川井駅7:29発のバスに乗り、上日向バス停にて下車。 とりがや橋に8:10到着。入渓点から沢感があまり感じられず、個人的にテンションが下がった。 入渓してしばらくするとゴルジュや滝も現れて、楽しくなってくる。 坂上も同じだったようで、寒い中果敢に滝に挑戦する。     付きのS藤も触発されたのか挑戦。最高の流れである。     続いて千田も激流を突破。かっこいい。 10:30 魚止めの滝に到着。リミットが11:00なので中々時間がかかってしまった。 ピースサインのN居 11:00 古い取水パイプに到着。 12:00...

Read More

塩地谷上級生w-ing 2018/5/12

いつもお世話になっております。最近、焼肉が無性に食べたい熊倉です。 今回は上級生だけで奥多摩の塩地谷に行ってきました。   奇跡の一枚。2年の坂Gにとって、この時が人生で1番輝いていたことでしょう。   沢の水がとても冷たく、腰まで浸かる度にT田は「あ〜!!」と叫んでいましたね笑     男気を見せるS上。この後ウォータースライダーみたいに滑り落ちてきたことは内緒にして下さい笑 今年も楽しい夏になりそうです^ ^...

Read More

塩地谷上級生w-ing 2018/5/12

塩地谷上級生w-ing 【メンバー】 L市川 SL伊藤 三年千田 二年熊倉 二年坂上 【行程】 5/12(土) 奥多摩駅~バス移動~倉沢下車~林道歩き~塩地谷遡行開始(8:00)~地蔵滝(8:30)~つめあがり~一杯水~下山~東日原バス停~バス移動~奥多摩 ・倉沢から30分ほど林道を歩く。魚止めの滝の橋のところで沢装に変える。林道に沿ってカーブしていくと、荒地に入る。踏み跡を辿ってそのまま魚止めの滝の上から入渓。 ・しばらく歩くと地蔵滝。右岸をつめあがるように登ると、綺麗な登山道に突き当たった。登山道を少し歩き、地蔵滝を巻けたところで懸垂下降(目印のテープはぎりぎり残っていた)。少し斜面を下りてテラス状になったところに降り、五十メーターを垂らす。 ・途中、渋いトラバースがあったので、ロープを出した。 ・その他は問題なく通過できた。水量も多く、楽しかった。 ・つめあがりが楽だった。すぐに一杯水につく。  ...

Read More

奥多摩体験ワンダリング 2018/5/13

こんにちは!新人の佐藤です。5月13日(日)に奥多摩の真名井沢にいき、体験ワンダリングを行ってきました。 私は前日の12日夜に奥多摩駅に着き、すでに就寝モードの先輩方とともに次の日に備えました(初めての雑魚寝でなかなか眠れませんでした)。 次の日の朝、ツバメが盛んに鳴く声で目覚め一行は青梅線で川井駅へ。そこからバスで登山道の入り口までいき、少し歩くと真名井沢の入渓ポイントへ。あいにくの曇り空ながら藪の向こうを流れる水の音や色とりどりのカラビナ、シュリンゲにいやが応でも沢への期待が募ります。 沢足袋を水中にいれ、いざ出発!冷たい川の水を足全体で感じながら、足の裏に当たる石の存在を確認しながら、じゃぼじゃぼ進みます。先輩に教えられた沢を進むときのコツは簡単に動いてしまう浮き石に気をつけながら摺り足で歩くということです。また赤色のこけが生えた石に乗らないこと。これにより、沢での転倒やけがを防げるとのことでした。...

Read More

鷹ノ巣沢w-ing 2018/4/22

こんにちは。2年の坂上です。 今回は、奥多摩は鷹ノ巣沢へ沢登りに行ってきました!今シーズン最初の沢登り、楽しんできました。 前日に奥多摩入り。この時期にしてはとても暖かい今日この頃。例年寒くて震えながらの沢登りになるのですが、今回は気持ちよく登れそうです。翌日に期待! 翌朝。思っていたより涼しい…。やはり例年通りか。朝一のバスに乗り、入渓。 実は私、この沢三度目の挑戦です。1回目は新人の時、これは撤退。2回目は1週間前、これは雨で中止。何とも縁のない沢です。三度目の正直ということで、今回こそは登り切りたい! 見覚えのある朽ちた橋。     久しぶりの沢登り。爽やかな空気や独特の沢の匂いが懐かしいです。しかしなかなか寒い。谷底にはまだ日が差しません。     そして、今回の山場の18m大滝。高い!     これを越えた後は、詰めあがって尾根上に出るだけ。結構長かったです。半年ぶりの沢登りは思いのほか疲れました。...

Read More

鷹ノ巣沢上級生ワンダリング 2018/4/22

【日程】4/22 【メンバー】 L市川 SL伊藤 三年千田 二年坂上 【場所】 鷹ノ巣沢 【行程】 4/21 奥多摩駅に前夜入り 4/22 朝、寒すぎて入渓する気が失せる。6:27の東日原行きバス(乗り場①)に乗車する。結構土日だからか他のお客さんが乗っていた。東日原下車。 7:08 入渓点着 バスから降りて鍾乳洞側に道路を進み、鷹巣山に登る登山道の続く道を沢に向かって降りる。 吊り橋を渡って河原に降りて少し下流に進むと、朽ちた橋が架かった沢があるので、そこが入渓点だ。 10:30 大滝に到着...

Read More

雲取山新人ワンダリング 2017/11/3-5

こんにちは!新人の川端です。 先日、大学が文化祭で盛り上がる中、私達新人は山登りに行ってきました。そうなんです、新人だけで!計画から実行まで全て自分達でなんてドキドキですよ〜。 さあ、今回もあいうえお作文で振り返ってみましょう。2017m雲取山登頂、ということでお題は「くもとり」! 「く」ま倉山のk倉くん 2日目、雲取山から下りた後丹波方面に下山する途中に熊倉という名の山があります。我が部屈指のガタイの良さを誇る新人k倉のようにこの山も堂々と私達を待ち受けているのか…そんな期待を膨らませ、熊倉山まで来ましたが………ん?これ、看板なかったら素通りだわっっ!!!そんなこじんまりとしたお山でしたとさ。 まあ、k倉くんはご満悦。ということで良しとしましょう。 クマ、リーダーおつかれ! 「も」りあがるったら盛り上がる 新人ワンダリングの醍醐味といえば、上級生がいない開放感を満喫できること!...

Read More

大菩薩峠自転車PW1日目 2017/7/15-16

こんにちは、新人の志保です! 奥多摩PW 1日目を書いていきます。 (2日目は川端が書いたブログをご覧ください。投稿が前後してしまいすみません。) 1日目、奥多摩駅からスタート。 まず驚いたのが、駅を出るとロータリーにはザックを担いでる人やロードバイクを転がしてる人で溢れていたことです!僕の顔は自然と笑みに。目的が同じ人が大勢いてなんだか幸せな気分でした笑 ミーティング、体操を終えまずは柳沢峠を目指しました。ひたすら国道411号に沿って走行。車道の幅が狭くトンネルでトラックにクラクションを鳴らされた時はほんとに怖かったです。しばらく走ると左手に奥多摩湖を発見。東京都民の水源らしいですね。濁ってるのかと思いきや底まで見えるところもあり、その美しさと広大さに感動してしまいました!東京にもこんな綺麗な湖があったのですね! 奥多摩湖を過ぎ次はいよいよ峠!ヤビツ峠とは違ってそこまで急斜面ではないものの、真夏日にオスプレイを担いでの走行はきつかったです。...

Read More

大菩薩自転車PW 2017/7/15-16

1707015-16柳沢峠-大菩薩嶺登山   68代自転車PW代4弾 今回は奥多摩駅から国道411号を進み、柳沢峠を越える。そして柳沢峠の向こうにある塩山市で幕営し、翌日大菩薩嶺に登山する行程となる。先週のPWと同様きつい行程となるが北海道のため、頑張ってほしい。   日程 2017年7月15-16日 1日目       9:00 奥多摩駅集合 9:30 奥多摩駅出発 土曜日の9時ということもあって登山客やチャリ屋で賑わっていた。しかしザックと自転車の二刀流は私たちのみ。たまらないね。 14:00 柳沢峠到着。U田がかなり苦労していたが何とか到着。よく頑張った。 16:00 塩山駅到着。柳沢峠からほぼノンストップで下った。U田は登りの鬱憤を晴らすかのように飛ばしていた。塩山駅にてK端と合流。近くのスーパーにて買い物。...

Read More

丹波川沢登りPW 2017/7/1-2

こんにちは。新人の坂上です。夏合宿は沢隊で活動することが決まり、ばんばん沢登りのワンダリングに参加していきたいと思います。今回はその第一弾、山梨県丹波山にある多摩川上流の丹波川に泊まりがけで行ってきました。 7月1日は渡渉訓練をしました。一人では渡ることができない水流を突破する方法を練習します。一回足を掬われて全身ずぶぬれに…。最近暑かったくらいなのに寒い!寒い! これはスクラムを組んで渡渉。だいぶ楽に渡れます。     訓練後は焚火を囲みラーメンを食べ体を温めます。濡れた服もすぐ乾く。     二日目はいよいよ丹波川を遡上します。川を遡り始めてすぐにこんなものが…。南無南無。     今回の沢登りでは足もつかない深いところを進まざるをえない場所もありました。ゴルジュという両脇が切り立った狭い水の通り道を泳いで遡上します。思いのほか進まない。    ...

Read More