第42回リバベン 2018/5/26-27

こんにちは、3年の前田です。 この度はリバベンに参加してきました。 私自身様々なことを思い、未だに整理できていないのですが振り返っていきたいと思います!   まず「リバベン」とは、毎年5月末に開催される日本リバーベンチャー選手権の通称であり、国内最大級のラフティング大会です。谷川岳の雪解け水で増水した利根川の豪快なホワイトウォーターのなかでレースが繰り広げられます。(だいたい公式HPの内容です)我が部では今大会が7年振りの参加となります。 なぜそこで参加に至ったのか、それは参加したかったからです笑 それだけだと怒られそうなので真面目に答えますと、今夏我が部では日本一の激流、吉野川での活動を予定しています。そこで部員間のラフティング技術向上のために、3週間に渡る公式練習も含めて大会に参加することでレベルの高い川での操船技術と経験を身につけよう!というのが部としての理由です。 私個人の理由としては、水上というフィールドを含めて大会自体に憧れに近いものを抱いていたからです。...

Read More

水上、長瀞ボート 2015/6/6,7

こんにちは。2年の原です。もうすぐ錬成合宿です。時よ止まれ、と願う今日この頃。 6月6日(土)には水上で、7日(日)は長瀞でラフティングをしてきました!ご報告します。 まずは、リーダーの64代橋下OBありがとうございました。 水上は高度の技術を要するため、現役だけでは難しく多くのOBGのご協力が不可欠という状況でした。去年は大雨のため計画が流れてしまいました。その時からずっと行ってみたいと思っていました。 35代大家OB、45代沢木監督、青木OB、62代大門OB、63代渡部OG、64代内山OB、尾形OB、橋下OB本当にありがとうございました。 他にもたくさんのOBGから実施できると良いね、という暖かい応援メッセージをいただきました。様々なOBGの方々のご協力によってやってみたかったことを実現できました。ありがとうございました。  ...

Read More

水上ボート 2013/5/24-26

5月24日 金曜日 5限のゼミがいつも通りに延長し。7時半過ぎに部室に戻って準備を進める。 監督とY塚さんが到着され、水上に向けて走りだした。水量の多さにワクワクしつつも、新人を連れていけないことに一抹の寂しさを覚える。 水上には12時半頃に到着。Y塚さんの持ってこられたラム酒を飲みながら、今回のワンダリングやワンゲルについて語り合って2時半頃に就寝となった。   5月25日 土曜日 快晴 前日の起床時間に関係なく6時起床。会津若松からM澤さんもご到着であった。 メンバー的に何本も下れるわけではないので、一本毎の質を高めるべく水上峡をじっくりとスカウティングする。川の概念図も少しは上達してきたようではあるが、 中学校時代に美術の技能で3年間「C」判定(評価はA~Cの3段階)しかとったことのない私にとっては大変な作業なのである。 9時過ぎまでじっくり話し合った後は水紀行館で着替えて水明荘に向かう。リバベン公式練習中ということで肩身が狭い部分もあるが、体操をして降下開始。...

Read More

水上ボート 2013/5/4-5

5月3日 金曜日 水上に対する期待と不安で一杯な夜を迎えた。夕方からワンダリング準備に励むと、沢ワンダリングのメンバーが戻ってきた。新人達は大分疲れていたようだ。 OBOGの方々もお越しになり、水上へ向けて出発。関越道を好調に進み、水上に到着。セブンイレブンでビールとつまみ、ワインと焼酎を買って車内宴会。ワインが氾濫を起こすという事件もあったものの、ワインのボトルは空になり、焼酎も8割方飲んだ。因みに、割るものが無かったため、ストレートで飲んでいた。 結局この日は2時頃に就寝となった。 5月4日 土曜日 6時起床。水上峡のスカウティングに向かう。水量が3.55とかなり多めだ。監督とH田コーチにもお越しいただいているので、下るかどうか現場判断とした。とりあえず、この水量が感覚的にどの程度か調べるために湯原橋へ向かった。    ...

Read More

水上エクストリーム・リバベン公式練習会 2011/5/14-15

5月14日・15日の2日間をかけてみなかみX-TREMEが群馬県みなかみ町利根川で行われました。 この大会は日本一決定戦!と銘打っているように非常にレベルの高い大会でした。 ロシアの激流に向けては良いステップ、挑戦なのではないかと考え、私達はBIG BEARSとして、2チームしかいない現役の学生チームの一つとして参戦しました。   初日 湯原水位が4.25(簡単に言うとかなりの増水状態)と、いまだかつて経験したことのない水量でのレースとなりました。 そのため、レース区間も当初予定されていたものとは異なり、大分下流になりました。 しかし、下流であっても今までに体験したことのない高波があちこちにあり、どでかいホールもそこらじゅうにありました。 そのような中、1本目はレスキュー艇に先導されつつのプラクティスラン。 ここで危険個所の把握を行い、続いてのダウンリバー。...

Read More

ボートレスキュー講習会 2011/4/25-26

  期間   2011年4月25日~26日 地域   水上(利根川) メンバー   L渡部 SL大門 内山 竹内 橋下 大家監督      4月25日  講習一日目   水上へ出発!(4/24夜) ロープワークを教わる   頑張る二年生! お待ちかねのランチタイム♪   夜はこんな感じです☆      4月26日  講習二日目   二年生三人組!いつも仲良しです♪ ストレーナー体験!水圧は想像以上で、脱出は困難です。   2ポイントテザーシステム! 以来この岩は『内山岩』と呼ばれる。 銀マを巻いて着替えているのは・・・   お世話になったカッパクラブにて。 本間さん、ありがとうございました! 立川にて打ち上げ。 お疲れ様でした!...

Read More

第34回リバベン 2010/5/28-30

  期間   2010年5月28日~5月30日 地域   水上 メンバー   L大門 SL宮澤 渡部 春田OB 横塚 佐藤知      5月28日  練習   リバベンは、本番の前日から入り、出来るだけ前日の公式練習に参加してから本番に臨みたい。という願いがかなった。監督と辻さん、そして春田さんは寝酒をするということだったが、今日は朝練もあり疲れがたまっていたので、早々に眠ることにした。...

Read More

水上リバベン公式練習 2010/5/22-23

  期間   2010年05月22日~05日23日 地域   水上 メンバー   L大門 SL宮澤 渡部 春田OB(57代)      22日 水上峡    今回の公式練習会は、水上峡は確認程度、諏訪峡を重点的に行うことにする。 また、われわれのAIREも修理から戻ってきて、やっとしっかり練習ができる。 本日の水上峡はポイントポイントを確認することに終始した。うん、なかなか、良い感じの完成度になってきた。ただ、少し心配なのはスリーウェイズ横のエディーキャッチだけはあまりうまくいかない。他大学にコツを少しずつ聞いて、なんとかかんとか、1~2回うまくいった。でも、これでは少し完成度が心配。 法政岩下からのスプリント練習もいい感じに仕上がっている。ということで、やはり心配は諏訪峡になる。上級に進出すれば、必ず行く。ということでやれることはすべてやる。水上峡での練習の後、問題点を検証する。...

Read More

水上リバベン公式練習 2010/5/16

  期間   2010年05月15日~05日16日 地域   水上 メンバー   L大門 SL宮澤 渡部 春田OB 大家監督 辻OB      15日 水上峡    今週は水量が落ち着いており、いい感じの水量で練習ができそうである。まず、今日は水上峡を下る。先週のフリップを受けて、メンバー内での役割分担、フリップしたストリッパーズのより詳しい分析を加えた。そのため、危険な場所はきちんと押さえてあとはしっかりと下れる。 あわせて、今週は水上エクストリームも開催されるために、テイケイの漕ぎを見たり、諏訪峡のスカウティングを同時に行うもした。午前中の練習が終わって休んでいると、午後の1時半ごろから竜ヶ瀬でHtoHが行われるということだったので、どのようなラインを通っているのか見て、一気に諏訪峡の下までスカウティングを済ませてしまった。...

Read More

水上ボート 2010/5/8-9

  期間   2010年05月08日~05日09日 地域   水上 メンバー   L大門 SL宮澤 渡部 春田OB 佐藤知 内山 大家監督 辻OB      08日 藤原湖   今日は朝から湯原の水量が4mを越えていたので、利根川での公式練習会は中止。その代わり藤原湖で練習をすることにする。  一橋様から借りたAIREで4人での漕ぎ合わせをすることにする。早速ポンプアップをして練習開始!普段のウォームアップメニューである、型漕ぎ→2人で漕ぎ合わせ→4人で漕ぎ合わせを行った。...

Read More

水上リバベン公式練習 2010/5/2-4

  期間   2010年5月2日~5月4日 地域   水上 メンバー   L大門 SL宮澤 渡部 春田OB 横塚 御手洗OG    5月2日  リバベン公式練習会    那珂川のワンダリングからいったん部室に戻り、そのままノルン水上に向かう。今回が今年のリバベンの最初の公式練習会。久し振りの水上だ!なんというか、すごく緊張する。なぜなら、この時期の利根川(水上)は谷川岳から流入する雪解け水でかなり増水していて、おかげで日本で数少ないワールドクラスの川なのだ! ということで、やっぱり怖いものであるが、去年は何とか下れているので、今年はちょっとだけ自信がある(しかし、この自信は2回目の公式練習会で打ち砕かれるのだった)。 水上にやってくるとどこか懐かしい。去年来た場所の数々が思い出される。うん、これぞ水上だ。気分も少し乗ってきた。とりあえず寝て、翌朝を待つことに。...

Read More

水上ボート 2009/10/5

  期間   2009年10月5日 地域   水上 メンバー   L若林慧 SL大門 宮澤 横塚 杉森 渡部 主旨   長良川WWF前の最終確認     10/5(日)講習会(午前)及びレース(午後)    長良川ホワイトフェスティバル本番前の最後の週末。最初は御嶽で練習しようということで話が進んでいたが、元テイケイの柴田大吾さんから水上での講習会のお誘いがあり、急遽参加することにした。 講習会前日には部員総会があり、61代がちょうど始動したところだった。わっしょいでの3次会で挨拶をしたあとに水上へと出発。この間の長良川の時に比べれば水上までの道のりはあっという間であった。とはいっても自分は毎回座っているだけなのだが。公式練習会やリバベン本番のときは他大学のテントや車であふれかえっていた駐車場も今回は我々以外誰も来ていない。早急にスノーピークを立ててすぐ眠りについた。...

Read More

第33回リバベン 2009/5/30-31

  期間   2009年 5月 30日~31日 地域   水上 メンバー   L横塚 SL宮澤 若林慧 大門      5月29日(金)  早稲田=水上   9時過ぎに部員会が終わり、リバベン選手は出発の準備を行う。今回のメンバーは横塚、宮澤、大門、慧である。今回はスプリントでとりあえず決勝トーナメントに行き、上級進出を目標だ。荷物を監督の車に載せ準備万端!と思ったが、テントを忘れそうになるがぎりぎりのところで間一髪気付きセーフ。 今回応援に来てくださる人は大家監督、春田さん、池田さん、鈴木、渡部に加え、宮澤のお母さん,筒井が来てくれることになった。来てくれる人、応援してくれている人達のためにも頑張らないとな、と思いつつ、わっしょいで行われている懇親会に一瞬顔を出した後、水上に向けて出発した。...

Read More

水上ボート 2007/6/24

  期間   2007年6月24日 地域   水上(利根川) メンバー   L御手洗 SL春田OB 宮澤 横塚 主旨   ホワイトウォーターに挑む!!      6/24  水明荘(11:00)⇒吾妻橋(14:30)   23日、入念にボートチェックを行う。 湯檜曽駅   ボートがでかい。。 セルスーツをまとって最強の格好!   女どもが膨張して見えるのはカメラのせい ちょっとのんびり…   ひたすら漕ぐ!! 『悪魔の階段』を下見。 水がかなり少なく、2.40m。...

Read More