長良川ボート 2017/9/15

  こんにちは、新人の熊倉です。 今回はなんと、長良川に行って来ました。10月にある大会に向けてのワンダリングです。 大会の前に下見ってところですね! 僕が今まで行ったボートワンダリングの中で1番迫力のある川でした。一つ一つの瀬のレベルが高く、楽しかったです。...

Read More

第17回天竜川WWF 2013/9/13-15

参加者:L H下 SL F永  お食事大臣 A木 切り込み隊長 O形 おそらく早稲田ワンゲル史上初!!現役艇で表彰台へ! まさかの事故で出場断念したボート隊長U氏の無念を晴らすべく、次代ボート隊長F永を緊急招集して挑んだTWF。 久しぶりのボートの大会はわいわいチームでの参加となりましたが、それでも十分レースのおもしろさや、思う存分漕ぐ楽しさを感じられました。来年はボート経験の少ない新人とかも参加できるといいですね。   13日 まずは監督からコロラドをお借りすべく、立川へ向かう。現役部の持っているコロラドは、手術ミスのよって原因不明の空気漏れを起こして、専門会社へ預けているところ。なかなか帰ってこないので、お借りすることにした。監督、ありがとうございました。...

Read More

64代夏合宿 Hybrid隊 2013/8/10-30

メンバー U(4年) 総リーダー F(3年) 山ラウンドリーダー H(2年) (山ラウンドのみ参加) M(新人)   概略 ボート隊は、山と川の「Hybrid」で中部地方を「探求」するという理念の下、下半期方針で掲げた、「Climb!21Summits」という日本の3,000m峰21座を皆の力で登りきる全体目標の内、夏合宿の山ラウンドで「聖岳・赤石岳・荒川中岳・悪沢岳」の4座を登った。その後、「木曽川・長良川・揖斐川」の「木曽三川」でラフティングを行い、サブプランの宮川も下った後、集結地である御嶽山に向かった。   ※山ラウンド、Fの記録はこちら   8/9(金)  翌日、始発出発なので、私とFは応援部のSさんのお宅に泊まらせて頂く。Sさんは男の中の男であり、とても尊敬している。Mは寮から、Hは研究室から馬場へ向かった。疲れるからといってSさんのお宅から馬場歩きをせず、タクシーを利用したのはここだけの話である。   8/10(土)...

Read More

第19回長良川WWF 2012/10/5-8

2013年 ラフティング世界選手権in ニュージーランド 世界大会2連覇の王者日本。史上初の3連覇を目指すこの世界大会。その代表選考会行われた。 2012年10月 岐阜県 日本でも指折りの激流長良川で行われる「長良川ホワイトウォーターフェスティバル」 私達早稲田大学ワンダーフォーゲル部のレースラフティングの歴史はこの長良川で始まった。そして今年もまた、新しい歴史の1ページが刻まれたのであった。   10月5日 いよいよこの日がやってきたという感じだ。昨日の朝練の疲れが全くないといえば嘘になるが、問題ない。朝から午後6時までぶっ通しで授業を受ける。 5限の授業が早めに終わったので、6時前には部室に到着できた。3年生は年間方針のミーティングを行なっている。リバーマップ等を準備し、学生会館のセブン・イレブンで昼食券夕食と明日の朝食を購入する。...

Read More

長良川ボート 2012/9/23-25

メンバー L福永 SL内山 竹内 橋下 本間 23日 16時部室集合。私は事前準備のために2時ごろ部室着。3年生は既に部室でミーティングを行っていた。大切な時期なのに、負担をかけてしまって申し訳なく思う。銀マットの補修をし、文庫本に読みふける。暇つぶしで持ってきていたのに、電撃の如き速さで読みきってしまった。16時前には新人の本間も到着。忘れ物もなさそうだ。 内山さんにレンタカーを取りに行ってもらい、私達はボート装備の準備を行う。車が大きく、容量に余裕があったので、コロラドの予備としてAIRE(スーパーピューマ)も持って行くことにした。 17時頃出発。水量は0.34とかなり少なめだが、気合を入れる。首都高速代を浮かせるべく高井戸ICから入ろうとしたが、高井戸ICは下り線の入り口が無いそうだ。仕方なく、次の調布ICから入る。素直に永福から首都高に乗ればよかった。下道が込んでいたために、高速にのるまでかなり時間がかかった。...

Read More

第18回長良川WWF 2011/10/8-10

2011長良川WWF 10/8~10 <第一章 伝説の始まり> 我々は当初RJ-1入賞を目指していたが、なんと史上最高の総合RJ-1 8位!初日のスプリントでRJ-1に入るか否かが決定する。だから、我々はスプリントに重点を置いて練習を行った。スタートダッシュ練習や20分漕ぎ…。「Big Bears」に足りなかった「漕ぎ力」を強化した。とはいえ、ボート活動未経験が一人。新人の長谷川である。 <第二章 初心者> 62代と63代の狭間、ダークゾーンに位置する長良川WWFでは、メンバー集めにも一苦労。今回は去年の天竜川WWFに出場したスーパーサブ二年尾形と、ボート活動がまったくの未経験という新人長谷川が出場してくれた。尾形の漕ぎは素晴らしく、まるでボート経験者のようだ。普段は沢をやっている影響か、水に対する恐怖もまったくない。長谷川には巨体を活かした漕ぎを期待していた。当初は脱沈やフリップにパニクっており、漕ぎも全然ダメであったが、本番は愛の力で素晴らしい漕ぎを見せてくれた。...

Read More

第17回長良川WWF 2010/10/8-11

10月8日午前10時30分。私たちは、翌日に控えた長良川WWF本番に向け練習を開始する。午前中はスプリント予選区間を確認した後、車で移動しながらポイントとなる瀬をスカウティングする。午後はダウンリバーのコースを確認し、この日は道の駅にて就寝。 10月9日、大会初日。早朝からあいにくの雨だが、スプリント予選に向け最終調整を行う。9時半頃予定通り競技がスタートし、結果は15位。見事RJ-1入りを果たした。午後に行われた決勝では、予選7位のチキンハーツさんとの勝負。相手チームとの競り合いの中で私たちの目指すラインから外れる形となってしまい、負けてしまう。H2Hでどう戦うかが今後の課題となった。スプリント予選・決勝を終え、この日の成績は総合14位。競技終了後は冷えた体をお風呂で温め、カツカレーをお腹いっぱい食べたあと夜食券でラーメンを食べ、早めに就寝。...

Read More

第16回長良川WWF 2009/10/9-12

  期間   2009年10月9日~10月12日 地域   岐阜県・長良川 メンバー   L若林慧 SL大門 宮澤 横塚 杉森 渡部 鈴木 佐藤由 主旨   RJ1進出と総合順位トップ10入りを目指す!     《結果》 スプリント・タイムトライアル:14/20(RJ1) スプリント・H2H:14/20(RJ1) スラローム:19/20(RJ1) ダウンリバー:18/20(RJ1) 総合成績:19/20(RJ1) 公式サイト結果 《第16回長良川WWFまでの軌跡》 5月のリバーベンチャー選手権に出場した若林(慧)、大門、宮澤、横塚の4人に新人杉森と渡部が9月から参加。 9月4・6日 朝練(南砂町) 9月9~13日 天竜川WWF(大門 横塚 杉森 渡部) 9月16・17日 朝練(南砂町) 9月19~21日 長良川ワンダリング 9月23・25日 朝練(南砂町) 10月2日 朝練(南砂町) 10月4日 水上講習会 10月6日 朝練(南砂町)...

Read More

長良川ボート 2009/9/18-21

  期間   2009年9月18日~21日 地域   長良川 メンバー   L若林慧 SL大門 宮澤 横塚 杉森 渡部 主旨   WWFに向け本番と同じコースで練習する。      9/18(金)  東京=ふれあい広場C0    アルバイトの関係で23時にLが高田馬場に到着。ロータリーにはすでに他の5人の乗るミニバンが。3年の宮澤さんの誕生日が控えているということもあり、自作のスイートポテトを差し入れる。出来が若干心配だったものの、皆に好評だったため作った甲斐があったというものである。一息ついたところで長良川に向けて早速出発。 なぜかというか必然というか、今回のBGMはアニソンのオンパレード。Lを含む約2名を除いて道中メンバーは大いに盛り上がった。正直この風潮は真面目にどうかと思う...とはいっても5時間の長旅は疲れるもので、途中でうとうとしつつ、翌日午前3時ごろに高砂遊遊ふれあい広場に到着。起床時間を8時半として早急に眠りについた。...

Read More

第15回長良川WWF 2008/10/10-13

  期間   2008年10月10日~13日 地域   岐阜県・長良川 メンバー   L横塚 SL宮澤 佐久間 大門 多田 若林慧 大池 主旨   ”長良川ホワイトウォーターフェスティバル” 目指すはRJ-1、名門早稲田の復活へ!      10/10(金)  練習日   世界大会用のボート 世界も同規格のボートで行われる。 これから三日間頑張ります!   試合前の一漕ぎ 入念にミーティング 各人の調子を言い合う      10/11(土)  大会初日 スプリント (予選)宝泉温泉-宝伝橋 (決勝)三段の瀬   スプリントのラストの瀬 ラストスパートをかける!      10/12(日)  大会二日目 スラローム 三段の瀬   ストリームイン! 4番のダウンゲートを目指す   4番はくぐれそうだ! 次の5番に向けてくぐる前から準備!  ...

Read More

長良川ボート 2008/5/3-5

  期間   2008年5月3日~5日 地域   長良川 メンバー   L谷口 SL長谷川 中山 筒井 宮澤 横塚 多田 春田OB 主旨   長良川を堪能する!&夏へ向けての第一歩!&新人のボート体験      5月2日(金)    22:00部室集合。私は特に用もなかったので、20時頃から部室でだらだらと過ごす。新人多田も早めに部室にやって来たので、セーフティ・トークを行う。集合時間直前にメンバーが部室に駆け込んでくる。どうやら雨がぱらぱらと降っているようだ。出発前からいやな感じである。しかし、中山気象台によると明日以降の天気は問題ないらしいので、まあ大丈夫だろうと思い直す。...

Read More

木曽川・長良川ボート 2007/9/21-23

  期間   2007 年9 月21~23日 地域   木曽川(日本ライン)、長良川(郡上~美並) メンバー   春田OB 谷口 佐藤知 宮澤 元木 主旨   ホワイトウォーター体験と昨年のリベンジ!   WWFに向けてWWの魅力を知る!      9月21日  岐阜駅=化石林公園-日本ライン-犬山橋上流左岸=長良川へ   出発準備中! カメラマンは除くとしても、3人はちょっと淋しい・・。   それでも出発!白波たつ瀬が続く。。 飲料水を飲む元木の奥には名物ライン下りが・・。   トロ場は気持ちよく泳げる。 まだまだ夏の気分。 ところかわってここは“水の都”郡上八幡。 名物の宗祇水をいただく!      9月22日  ①深戸駅前-堰堤-三段の瀬-赤池-ふれあい広場-ドカン(ケムシ)の瀬-ザンゲの背-勝原橋  ②深戸駅前-堰堤-三段の瀬-赤池   深戸駅前の川原にて...

Read More