ファーストメッセージ

一年生のみなさん、大学に入学後いかがお過ごしでしょうか? 辛い受験生活を終え、いよいよ始まった華やかなキャンパスライフ。
このホームページを見ている皆さんは、これから始まる大学生活にどのような期待を抱いているのでしょうか?

勉強にサークルにバイトと、色々やりたいことは多いと思いますが、入学当初考えていた以上に 大学四年間はあっという間に終わってしまいます。
その中で、自分のやりたいことや、一生懸命になれることを見つけられずに、貴重な大学生活を無為に浪費してしまうケースは少なくありません。

また、楽しく遊びたいという学生達の欲求に反して、現代社会における競争は徐々に激化しており、
個人個人に対して今まで以上に『意思のある自立した人間』になることが求められています。

そういった社会環境の中で、我々ワンダーフォーゲル部は自然の中で真剣に遊ぶということを通して、
様々な自然や人々と触れ合い、社会的・肉体的・精神的に自分を高めることを目標としています。


 
そもそも、ワンダーフォーゲルとは直訳すれば「渡り鳥」という意味で、
戦前期ドイツにおいてカール・フィッシャーらがはじめた青少年による野外活動のことを指します。
(詳しくはWikipedia ワンダーフォーゲル の項を御覧ください)

その運動が日本に伝わり、学生団体の名称となるまで様々な紆余曲折はありましたが、
その根本にあるのは、自然をフィールドとした活動の中で自己を磨き、環境に依存しない強い自我を持つことだと考えています。

我々が目指すのは、アウトドア活動を中心として、自然と人との繋がりを大事にし、自己の成長を目指す、柔軟な体育会系組織です。

 
上記のビジョンに共感さえして貰えれば、特に経験やスキルは問いません。
貴重な大学生活、我々と一緒に忘れられない最高の活動を経験してみませんか?

 

※早稲田大学ワンダーフォーゲル部は、競技スポーツセンターに所属する、早稲田スポーツ振興を目指す部活です。