伊豆半島自転車pw-ing 2019/7/6-7/7

Posted on 7月 15, 2019 in ブログ, 活動報告, 自転車 | 0 comments

こんにちは、新人Nです。夏合宿に向けたパーティーワンダリングとして伊豆半島を巡ってきました。夏合宿の自転車隊8人が全員そろっての初めてのワンダリングです。1泊するため荷物も多く、チャリ旅らしい出で立ちです。

6日朝8時、神奈川県の藤沢駅に集合。この日、私は乗り換えに手間取って10分弱遅刻してしまいました。まだ輪行に慣れていないことを考慮してもっと早く行く必要があったと反省。

藤沢駅から海の方まで出た後は、静岡県伊東市の幕営地まで海沿いを走りました。人生初の伊豆半島に自転車で来ることになるとは数か月前まで思いもしなかったなあ、と感慨深かったです。天気は曇りでしたが、海を横目に走るのは爽快でした。晴れていれば最高だろうな…!

海だ~!

朝は曇りでホッとしていたのですが、だんだんと雲行きが怪しくなってきます。緩いアップダウン、そのアップに苦しみながらも熱海まで来て、伊東市に入ったあたりだったでしょうか、雨が降り始めました。この日はもともと冷川峠を越えた先のキャンプ場で幕営する予定でしたが、伊東市内で幕営することに。

7日は登山口まで自転車でアプローチしたのち、天城山を登るという計画でした。幕営地が変わったため、予定とは違うルートで向かいます。国道135号線を南に走っていると、朝は止んでいた雨が再び降り始めました。しかも割と強い。道沿いのトイレで雨宿りしました。8人全員テンションダダ下がりです。

待っても雨が止まないようだとの判断で、最寄の富戸駅まで下りました。すると気づけばいつの間にか雨が止んでいます。頑張って登ったところをせっかく下ったのに、神様は非情ですね。前日行く予定だった冷川峠を目指すことになりました。

予定変更の直後、三年Kさんのブレーキに不具合が出てしまい、7人で峠に向かいます。冷川峠までの道は、そこまできつい斜度はなく、前週の有間峠はいけるぞと自分を励ましながら漕いでいきました。景色が開けていて海が見えたのも励まされました。峠の見晴らしも綺麗だといいなと思っていると、だんだん両脇を木々が囲んできます。嫌な予感。予感は的中し、なかなかの眺めでした。

楽しい写真にしようという努力

登ってきた道を折り返して、伊東駅で解散です。解散後私は駅最寄の銭湯に行き、地元のご老人に囲まれつつ源泉かけ流しで疲れを癒しました。四年の先輩お二人は伊東観光を楽しんで帰られたようです。そういう楽しみもチャリワンのいいところだと思います。

たらいで川を下る大会をやってました

隊で一番体力がないのできつかったですが、楽しいワンダリングでした。隊のためにも自分のためにも、夏までにできるだけ体力をつけたいところです。自転車や食当の道具の使い方も早くマスターして、有意義な夏合宿にしたいです。そしてどうか、次のワンダリングはいい天気でありますように。せめて行動中には強い雨が降りませんように。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

four × five =