69代新歓合宿 2018/4/27-30

こんにちは!新人の堀です。 今回は新歓合宿について書きたいと思います。 27日の夜に大学近くの寮に泊まった後、貸切バスで内山牧場に向かいました。 新人は靴慣らしのために目的地の少し手前で上級生の方とバスを降ります。 歩いた時間はほんの数十分でしたが、今まで持ったことのない重さの荷物(それでも他の部員の3分の2)と圧倒的な体力と筋力の不足からはやくもヘトヘトに。不安がよぎります。 キャンプ場につき、テント設営を終わらせ、さあカレーを作ろう、という時、同じテントの同期の佐藤が高熱を出してしまいました。元気1/3倍です。一緒に登りたかった。 次の日は2時半に起き、失敗して限りなく生に近くなってしまったお米をかきこんで4時半に出発です。...

Read More

69代新歓合宿 荒船山 2018/4/27-30

日程: 4/27(金)-4/30(月) メンバー: 四年 市川 上野 酒井 田中      三年 伊藤 小宮 笹野 千田 遠田 前田      二年 池田 川端 熊倉 坂上 佐藤充 志保      新人 佐藤信 野口 新居 萩原 堀 今村(キャンプファイヤーのみ) 行程 4/27(金) 18:30 文キャン前集合。これから合宿が始まるというのに、だらだら集合してくる二年たちに軽く失望を感じ、開始早々叱らざるをえない。かなり張り詰めた空気のなかロープワークと雨具着脱のテストを行う。ロープワークの手順は皆覚えていたが、何人か遅いものがいたため、翌日補習を行った。雨具着脱は全員素早く、驚いた。よく練習したと思う。 20:00 ミーティング終了後、新人と数人の上級生が甘泉寮へ移動の後、就寝。   4/28(土) 6:30 再集合し、バスが着き次第出発。初めは賑やかであったが、高速に乗る頃には皆夢の中であった。 10:30...

Read More

69代新歓合宿 2018/4/27-30

 こんにちは!新人の野口です。  4月27日から30日にかけて新歓合宿が行われました。舞台は群馬県と長野県の県境付近にある荒船山です。堂々とした岩が特徴的です。  僕たちは甘泉寮で一泊した後、早朝にバスで戸山キャンパス前を出発しました。約3時間後、新人と一部の先輩は練習も兼ねて登山靴で1時間ほど歩いて、拠点となる内山牧場に到着しました。その後は初のテント内での食当を行い、20時に就寝しました。  朝は2時30分に起床し、すぐに食当を開始。...

Read More

荒船山調査ワンダリング記録

【メンバー】L3年小宮 SL3年千田 2年池田 【日程】2018/4/8 【場所】荒船山 4/7 18時20分 バスタ新宿集合。 22時30分 中込駅到着。 近所の公園にテントを張り就寝。寒すぎた。 4/8 7時起床。 8時タクシーで荒船山登山口へ。 8時30分登山開始。 登山客が多い。 道はぬかるんでおり滑りやすい。 艫岩と呼ばれる断崖絶壁を見上げつつ登山。 9時35分見晴台到着。 見晴台は大人数入れるスペースがあり、展望もいい。しかし近くに休憩所があるので式典をやるならば配慮が必要。 9時50分見晴台出発。 ひたすら平坦な道が続く。ほとんどハイキングに近い。 10時35分山頂到着。 木に囲まれて眺望はほとんど無し。数人程度しか一度に立てない。 11時10分見晴台到着。 12時20分下山。 【まとめ】 標高は低いが見所が多く面白い山だった。 ぬかるみや凍った岩場には要注意。...

Read More

表妙義 2014/11/23

【日程】 2014年11月23日(前夜発)   【メンバー】 3年F田 新人:K H田 F島   【概要】 5:30起床ー6:00出発ー7:00大の字ー9:00大のぞきー10:20相馬岳ー12:00東屋ー13:00石門広場ー妙義神社14:30 群馬にあるクライミング要素が高い妙義山に挑みました。新人3名と3年の私だけだったので、心配なところはありましたが、落ち着いて鎖場を通過している所を見ると成長したなあと感じます。 今回は危険な茨尾根は行かなかったものの、充分に楽しめました。来年は裏妙義か茨尾根に挑むと決めました。紅葉が美しい時期ということもあり、人が多い。この時期はいかに早く出発するかが鍵になるのだと実感しました。 道の駅の駐車場には登山者の車がいっぱいでした。今後行う時は登山者の数に注意すること。今回も鎖場で混雑してしまい予定より少し時間がかかってしまいました。...

Read More

赤城山 2014/9/23

【主旨】新人君塚の山岳経験を積む 【日程】2014年9月23日 【メンバー】L:佐々木 SL:濱田 新人:H呂、K塚 【行程】 9月22日 早稲田=姫百合駐車場   9月23日 姫百合駐車場=見晴山付近駐車場-出張峠-出張山-五輪峠-黒檜山登山口-黒檜山-駒ヶ岳-駒ヶ岳登山口-赤城少年自然の家-地蔵岳-新坂平-鈴ヶ岳登山口-鍬柄山-鈴ヶ岳-沼尾川沿いの登山道-出張峠-大沼-見晴山付近駐車場=早稲田   【記録】  ふっとした思いつきで実現した赤城山ワンダリング。エスケープも取りやすく、体力に応じて距離を伸ばせるので、今回のような条件下で行うフォロワンにはぴったりの山域だと思う。...

Read More

表妙義 2013/12/1

【メンバー】L佐々木 SL尾形 2年藤田 新人中嶋 【主旨】ハイレベルな岩稜地帯の表妙義の縦走を楽しむ! 【行動概略】 登山者専用駐車場-妙義神社-奥ノ院-相馬岳-鷹戻し-東岳-中之岳-石門広場-(中間道)-東屋-県道196号線-登山者専用駐車場 【行動時間】 コースタイム:10時間5分 所要時間(実質):8時間30分 (休憩・その他待機時間):2時間40分 CT比:84% (岩稜地帯:82% 中間道他:79%) 【感想】 鷹戻し付近の混雑状況に呆然としてしまった。鷹戻しの頭へ登る30m鎖と下りの2段25m鎖にてザイルを用いたが、待機時間が2ヶ所を合わせると、70分程であった。 だが、何はともあれ表妙義の縦走路を全て無事に歩き通せたことは非常に嬉しい。天候にも恵まれ、尾根上から最高の景色を見ることが出来、満足のいくワンダリングになった。 この調子で、これまで行きたいと思っていた様々な山域や、やりたかった活動に一つ一つ挑戦して行きたいと思う。 では、今回のワンダリングの写真をどうぞ!!...

Read More

赤城山 2012/11/10

 参加者 L H下 SL Y村 3年O方   自転車と登山の両方を駆使して、群馬の名峰・赤城山を「探求」しよう、ということで計画した本ワンダリング。 ほぼ海抜0mの街から、赤城最高峰の黒檜山まで自分の力で登りきる達成感。そしてこれまでの苦労が報われるかのような絶景。 機動力のある自転車だからこそ味わえる達成感を十分に味わえました。 それだけに、後輩とこの素晴らしさを共有できなかったことが非常に悔やまれる。そんなワンダリングでした。   【行程】6:50高崎駅―8:01時沢神社付近―9:25県道4号800m付近―10:00ふれあいの森―11:25赤城大沼 ―11:40黒檜山登山口―12:40黒檜山山頂―13:29登山口―14:35鷹ノ巣付近―15:30沼田駅   【行動】 出発点の高崎駅には前日の内に到着。あちらこちらと寝床を変えた結果、6時に起床するも全員寝不足になってしまった。 それにしても寒い。吐く息が真っ白だ。たまらず朝食にカップラーメンをすすってから出発。...

Read More

63代新歓合宿 2012/6/21-24

6月21日 C0甘泉寮 63代の新歓合宿も例年通り甘泉寮からはじまる。 早々に荷物を置き新人の装備確認。真新しい登山靴は固く履きにくい様子。そこから雨具を一式つけてもらうと、靴を履いたまま雨具を着るのに手間取り、ザックカバーのつけ方を知らないなどの練習不足が発覚。山に入る準備ができていない、とそこかしばらく一連の流れを通して練習タイム。 ロープワークも一通り確認した後は、スクーリングに入る。修理道具の説明と雷について。この山域は雷の多いとのことで晴れていても油断はできないとのこと。 ここでOBの方にアイスの差し入れをもらう。 上ミ、全ミを経て起床係を決めるライターゲームをやるが当然新人は知らない。 やれば分かるさととりあえず1度はじめるが、どうにも細引きのある所が限定されそこそこ続いたが1週することなく青木が負ける。...

Read More

上州武尊山 2009/10/10-11

  期間   2009年10月09日 地域   上州武尊山 メンバー   L佐久間 SL保延 小山 主旨   紅葉を楽しみつつ、体力をチェックする。      10/10(土)  武尊橋-手小屋沢避難小屋C1   尊橋から入山した。下のほうは、まだ紅葉しておらず緑が非常に美しい。 宝台樹キャンプ場を過ぎると武尊山が見えてくる。振り返れば上越国境の山々が。 午後からは、雨が降ってきた。この日の、行動時間は3時間程度と予想よりかなり短かった。      10/11(日)  武手小屋沢避難小屋-武尊山山頂-スノーパルオグナほたか   翌日は、雨。標高1800メートルくらいから雪が降ってきた。稜線では、木についた水が凍っている。 晴れていたら、最高の展望だっただけに残念で仕方がない。 あとは、スキー場まで一気に下った。 沼田駅で山彦のとんかつを食べて解散とした。     成果及び反省...

Read More

上州武尊山 2007/6/23-24

  期間   2007年6月23日-6月24日 地域   上州武尊山 メンバー   L佐藤穂 SL谷口 佐藤知 元木 主旨   元木のフォロー      6/23  湯檜曽=武尊神社-手小屋沢避難小屋(C1)   翌日が山開きであったらしい 成り行きで・・・・   避難小屋、どうみてもドラム缶にしか見えない! 間違いない ギリギリでテントを張れる広さ      6/24  C1-武尊山頂(沖武尊)-中ノ岳-前武尊-花咲=沼田   鎖場を行く 武尊山(ほたかやま)頂上の穂高(ほだか) 向こうには剣ヶ峰が・・・ 新人集合   頂上でしばし休憩 武尊山頂上   元木VS地蔵 マッチアップ 一か所だけ雪が残っていた   スキー場を下る 山彦のトンカツで〆...

Read More