2020/10/04相模湾自転車w-ing

Posted on 10月 12, 2020 in ワンダリング記録, 活動報告, 自転車

メンバー

L 中島

SL 佐藤

2年 上釜

新人 野本 峯岸

 

行程

三崎口駅(9:20)―由比ガ浜(10:20)―江の島(11:00)―ローソン大磯国府本郷店(13:00)―ローソン西湘江之浦店(14:20)―熱海駅(15:20)

 

初めてリーダーとして行ったワンダリングになりました。ひたすら海沿いを走るコース。距離85.4km、最小標高-3m、最大標高161m。獲得標高は581m(細かいアップダウンもいちいちカウントするGarminだと1689mと表示された。ざっくり50m以上登ってるところだけ抽出して足して581mとした。)。天気は曇りかと思ったがそこそこ晴れた。新人峯岸は2回目の自転車ワンダリング。ほぼ平坦とはいえ前回のヒルクライムの倍の距離+終盤には150m以上の登りもあり、ゴールでは少し疲れた様子だった。

三崎口駅から逗子までは車はあまり多くない。今回引いていたルートでは1号線に出るまで134号線をずっと行くことにしていたため森戸海岸の方には行かなかった。葉山は渚100選に選ばれているらしいので、途中で県道207号線を通るようにした方がよかったかも。逗子あたりから車が少しずつ増えてくる。空ぶかしをしているバイク集団を見かけて、湘南の雰囲気を感じた。由比ガ浜はハイシーズン後ながら人が多かった。峯岸がみんなに配ってくれたみかんを食べながら潮風を楽しむ。サーフボードを横に乗せている自転車やバイクをよく見かけた。

由比ガ浜から江の島まではあっという間だが、最も交通量が多く注意が必要。だが渋滞も納得の景色のいい素敵な道だ。理由は知らないが有名なことは知っていた江ノ電鎌倉高校前駅などを横目に江の島へ。シラス丼の店がたくさんあったので幟に誘われて適当なお店に入った。美味い。デニムソフト、シラスソフトも気になったが序盤なのであまりゆっくりしていられない。江の島に渡ったあと、駐輪できる場所を探すのに手間取ったり何をするか決めていなかったりで少しグダついてしまった。下調べ不足。事前のミーティングで新人の希望を聞いて立ち寄る目的を決めておくべきだった。

江の島から平塚までは車はそこそこあるが、4車線になり混雑は軽減される。大磯付近で134号線からバイパスでない方の1号線に移る分岐は二か所ある。1か所目の唐ケ原交差点で曲がらずそのまま車道の左側を進み続ければ片側通行の道を通ってスムーズにバイパスを回避できる。

小田原駅近くで1号線から135号線に移る間の道がGoogleマップ上では国道138号線と書かれており注意していたが、現地の道路標識では1号線と表示されていた。小田原以降はコンビニの数が減るので補給できる場所をあらかじめ探しておいた方がいい。

真鶴ブルーライン、熱海ビーチラインは自動車専用道路なので注意。標識はでかでかとあるので道を間違えることはないだろう。海岸から離れた起伏の多い道を通ることになる。ブルーライン、ビーチラインがときどき見える。景色よさそうで車が羨ましくなってしまう。

150mほどのプチヒルクライムを終えたあとも、熱海駅までまた少し登る。慣れていない新人にとって、1日漕いだ後にはちょっときついかも。

有名な海岸沿いを自転車で走ることができ楽しかった。ただやはり人気の道は車も多い。できれば平日、そうでなくても土曜に行きたい。また、例年のパーティーワンダリングの時期はマリンスポーツのハイシーズンとなるためさらに交通量が増えると予想される。行くなら5月以前または10月以降がいいだろう。平日であれば、先に坂を持ってくるためにも熱海から北上する逆向きのコースもありかもしれない。

海で撮ればよかったなあ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

14 + fourteen =