70代春合宿てげてげさるくよ九州隊 2019/3/13-16

Posted on 5月 6, 2019 in 合宿記録, 活動報告, 登山・縦走 | 0 comments

【メンバー】

L 3年S野 SL 2年S上 新人H 4年I川 T中

【行程】

3/13高田馬場駅=成田空港=熊本空港=竹田温泉花水月=緒方駅

3/14緒方駅=傾山登山口バス停—九折越小屋

3/15九折越-本谷山-尾平越

3/16下山

3/13

 10時高田馬場駅集合。監督をはじめ、多くの現役が見送りに来てくれた。大量のキムチとウインナーをもらい、出発。

 12時半、成田空港着。飛行機の搭乗手続きに少し手間取ってしまった。預け荷物の計測と持ち込み荷物の確認、2回検査を受ける。結果、搭乗口まで走って向かう。

 15時、熊本空港着。ここからバスと電車を乗り継ぎ、緒方駅へ。緒方駅前の吾妻屋にて、ステビ。

3/14

 6時20分、タクシーが到着。予定より早い。緒方駅からS地点の傾山登山口バス停へと移動。

 7時半、S地点着。民家がちらほらあるが、人里離れた感じ。S地点へ前日入りすることも考えていたが、やめといて良かった。たまに車が通る上に、一夜を明かすには恐い。

 8時半、林道終着点。予定より早い到着、新人Hの調子が良い。

 11時、沢沿いの道に入る。ここで、ルーファイに少し手間取る。看板の表記が九折越小屋から傾山に変わる。沢沿いを登る頃から、新人Hのペースが落ち始める。

 沢沿いを20分ほど登ると、尾根への登りが始まる。尾根は少し細く、一箇所鎖場がある。鎖場は大した長さではないが、下級生は怖いだろう。

 14時、林道に出る。ここから先の登りは緩やか。しかし、行動時間が6時間を超え、新人Hのペースは上がらない。休憩を30分に1回にして、先へ進む。

 17時半、九折越小屋到着。食事をとり、就寝。

3/15

 5時半、起床。4・5・6で出発する予定だったが、寝坊。

 7時、行動開始。

 8時10分、1385先のコル。

 9時10分、笠松山。

 10時20分、1606手前のコル。

 ここから本谷山まで、新人Hに団配5KGを持たせる。

 11時40分、本谷山。

 14時半、尾平越。

3/16

 3年S野が発熱し、途中下山。

【雑感】

 傾山登山口から祖母山までの縦走コースは記録が少ない。上畑コースは沢沿いを登った後、尾根を登る。この区間は事前に要確認。体力のない下級生にはややしんどい。祖母山塊はフォロー合宿の適地だと思う。ただ、アプローチが厄介な上、お金もかさむため、フォロー対象の下級生の体力と相談して他の場所も検討することを勧める。

 今回は事前にPWを3回行い、新人Hの体力がおおよそ把握できていたため、地形図から予想タイムを算出した。初日は予想を超えた長時間行動となったが、2日目は概ね予想通りであった。また、場所を区切って団配を持たせた。具体的には傾斜が緩く、時間がかかっても行程に支障をきたさない箇所で行った。これらは良い取り組みだったと思う。体力のない新人が入ってきた場合は参考にしてほしい。

【PW】

 大山ピストンPW-ing

 三峰山PW-ing

 畦ヶ丸PW-ing(C1)

はるばる九州まで同行してくださった4年生方に、この場を借りて御礼申し上げます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − one =