西丹沢PW藪漕ぎ 2016/7/2-3

Posted on 7月 4, 2016 in ワンダリング記録, 藪漕ぎ

西丹沢藪漕ぎワンダリング

【主旨】
・新人に藪漕ぎの経験を積んでもらう。

【メンバー】
L小林 SL比呂 新人植原 笹野 前田

【山】西丸・東丸

【行動時間】
7月2日(土)
新松田駅17:45~18:35丹沢湖バス停―19:30駐車場C0

7月3日(日)
C0 4:00―5:30水ノ木橋5:45―7:30東丸7:45―8:20西丸8:30―9:32西沢ノ頭9:42―10:41 1004P 10:51―11:30渡渉点11:45―12:34水ノ木橋12:40―14:00駐車場14:15―15:00丹沢湖

【ルート状況など】
丹沢湖バス停:近くにトイレあり。登山ポストはなし。水場はトイレにあるかどうか不明。
世附駐車場:トイレあり。トイレに水道はないので、水は川から直接汲むしかない。自販機はある。ステビ場所としては、水場が無いことを除き適している。
世附林道:大きな崩壊箇所が一か所あるが、他は修復が進んでいる。夜に通ろうとしていたが、危険なため推奨しない。
水ノ木橋~西丸:藪はほとんどない。赤テープが残してあるのでルーファイも簡単。
西丸~要所小屋ノ頭:背丈を超える笹藪だが、大部分が枯れ、歩きやすい。要所小屋ノ頭直下は少し濃いが、赤テープを追えば問題ない。

1306P~1004P:下りはじめは、そこそこ濃い笹藪。下るにつれ薄くなる。
1004P~渡渉点:ほぼ藪はない。細かい尾根に間違って入らないように注意。

渡渉点~水ノ木橋:金山沢添いの林道に合流するまでは、林道というより登山道。廃車が乗り捨てられているので撮影スポットになる。
世附林道~丹沢湖バス停:ひたすら長い。歩くのには若さと根性が必要。

【まとめ】
藪は薄く、藪漕ぎといえる区間はほとんどなかった。今年は、クマザサが枯れているのだろうか。ただ、そんな場所でもマダニは健在で、新人一人がやられてしまった。恐ろしい。。
超初級藪コースとしては最適だが、丹沢なのに、アクセスが悪く林道が長いのが難点。車を使えるなら、山伏峠からの周回コースが適している。

↓濃いところでもこのレベル。

image

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 3 =