2020/10/24小草平ノ沢上級生w-ing

【メンバー】 L 3年新居 SL 2年田中 2年大佐古 【天候】 曇り 【行程】 渋沢駅7:18=大倉バス停7:35-8:40小草平ノ沢入渓点9:10-小草平ノ沢-10:40堀山の家11:30-12:10大倉バス停 【詳細】 今回は72代沢隊が初めて現役のみで行く沢であり、今年度の沢締めでもあるw-ingであった。今回無事問題なく終われたことで、来期の沢活動に弾みをつけられたと思う。...

Read More

2020/10/04ヒゴノ沢、葛葉川本谷w-ing

【メンバー】 L 3年新居 SL 2年田中 2年大佐古 5年千田 【天候】 晴れ 【行程】 渋沢駅7:14-8:05上倉見橋入渓点8:30-ヒゴノ沢-11:35三ノ塔11:45-13:00表丹沢林道15:00-16:40菩提バス停 【詳細】 70代の千田さんと久しぶりのワンダリングでもあり、72代沢隊が本格的に始動する最初のワンダリングであった。 渋沢駅集合で7:18発のバスに乗り、大倉へ到着。その後林道歩きをして入渓点である上倉見橋へ。そして履き替えと休憩をした後入渓。最初の7m滝に向かうが、トポ通り難しそうだったので少し戻り左から高巻いた。巻道も地盤が脆く、注意が必要。 その後は面白い小滝が続き楽しいひと時を過ごしたが、その後の堤防越えですべてが吹き飛んだ。多すぎる上に最後から1つ目2つ目の巻道の足場がもろく、越えるのに苦労した。ただ難しくはないので1級なのは納得できる。...

Read More

20/10/4 ヒゴノ沢↑葛葉川本谷↓ 上級生w-ing

メンバー:3年 新居     2年 大佐古、田中     OB 千田グレード:一級目的  :新居のリーダー経験 〈記録〉  堰堤を2、3個超えて入渓。しょっぱなの7mは見に行ってみたが結局巻いた。Ⅳ+を登ったことがないこと、難しそうだったこと、目的が下降であること、中間支点がとりにくそうなこと(ハーケンは左壁上部に1つしか見つけられなかった。リードするならあと2つくらい打つ必要がありそう)などがその理由である。登るならクライミングシューズが欲しいなと思った。 高巻きもそこまで安全ではなかった。最も明瞭な踏み跡は、尾根を登っていってしまう。できるだけ沢から離れない踏み跡を辿った。怖かったので自分はバイルを使った。...

Read More

2020/09/22源次郎沢上級生w-ing

【メンバー】 L 4年熊倉 SL 3年新居 2年大佐古 田中 実質新居がリーダーとして行動した。 【気象】 晴れ 【行程】 7:30大倉バス停-8:50入渓点-12:00源次郎尾根-13:00天神尾根入り口(入渓点)-14:10大倉バス停 【詳細】 当初は新人野本の体験w-ingの予定であったが、野本が体調を崩し参加できなくなったため急遽上級生w-ingとして実施した。 バス停からの長い長い林道歩きを経て9:00過ぎに入渓。源次郎は浮石が多く、滝の登攀などは特に注意しないと危険である。というのも、トップの大佐古がかなり大きめ(直径60cmほど?)の浮石に手をかけて1~2m落下した。幸いけがはなかったものの落石に挟まれたりでもすれば少なくとも骨折は免れなかっただろう。 今回は上級生w-ingというのもあり、滝はすべて高巻かずにリード登攀かお助け紐で登った。F5(10m)は流芯より左側を登った。足場はしっかりしてるので問題はないが高度感があり、岩が脆い部分もあるため慎重に登るべきだろう。...

Read More

2020/9/17 葛葉川体験沢w-ing

こんにちは!新人のKです。 9/17に葛葉川で沢登りの体験ワンダリングを行いました!僕としては初めての沢です。前から沢に興味を持って楽しみだった一方で、他の活動よりも危険が伴うということで少し緊張もしていました。 出発してみると、下半身が水に浸かるのが心地好く、前を見れば自然が広がっていて、冒険している感じがしました。上から水が流れてくるのに逆らって登って行くのは最初は難しかったですが、やっていくうちに慣れていって、うまく登れたらとても達成感がありました。 最後の滝である富士形の滝で一枚。 ここでは懸垂下降の体験もしました。下界で事前にどんな感じかは先輩から聞いていましたが、実際やってみるのとではだいぶ違う感覚でした。落ちたりしないか怖かったですが、滝の真横を降りていくのは気持ちよくもありました。 普段登山するときは沢の水が流れていると、「涼しくなっていいなぁ」と感じるくらいだったのですが、今回のワンダリングの影響で、次に沢の水をみたら、「入りたいなぁ」になってしまうかもしれません。...

Read More

2020/09/17葛葉川本谷体験w-ing

【メンバー】 L 4年熊倉 SL3年新居 2年大佐古 田中 新人倉澤 【気象】 晴れ 【行程】 7:30 菩提バス停-8:30 葛葉の泉入渓点-12:10三ノ塔-12:35二ノ塔-13:30葛葉の泉-14:05菩提バス停 【詳細】 今回は沢登り初体験となる新人倉澤の体験w-ing。 9:00前に入渓。最初のなんてことない小滝から倉澤がチャレンジする。いいことだ。 最初のゴルジュの5mは流芯を越える。新人倉澤もお助け紐を出して登攀。一度1,2mで落ちたが、その後は問題なく登攀。天気がいいのでシャワークライミングが気持ちいい。 その後の板立ノ滝は右壁から登攀。そこまで苦ではなかった。最上部は慎重に。 林道をくぐりちょうどいい小滝を越えて富士型の滝へ。ここはいろいろなところから登れて楽しい。ここで倉澤に懸垂下降のやり方を教える。初めてなので少しぎこちなかったが、問題なく下降ができた。...

Read More

鳥屋待沢w-ing2020/8/14

【メンバー】 L 4年熊倉、SL 4年坂上、3年新居、2年大佐古、田中 【行程】 本厚木=煤ケ谷バス停-入渓点-二俣-宝尾根-煤ケ谷バス停 リミット12:00に二俣。エスケープも二俣までは往路を戻り、二俣以降はそのまま進む。 8:00スタート。ここから少し歩いて入渓。ヒルがうじゃうじゃなので早く沢に入りたい。 入渓したらしばらくは河原歩き。どうやら沢の中にはヒルはいないらしい。一応ヒルファイターは持ってきている。 何てことのない沢が続く。久しぶりの丹沢で、良い感じ。 ここが二俣地点。11:00に到着。二俣以降は狭いゴルジュなどちょこちょこ出てくる。     特に難しいポイントはなく、ちょうど良いクライミングである。 11:55ここがつめ上がりポイント。今回の鳥屋待沢の山場はつめ上がりかと思われる。源頭部は沢地形と尾根が阿弥陀籤のようになっているのでGPSなどでしっかり確認しながら進むと良い。...

Read More

水根沢 上級生w-ing 20/8/8

メンバー : 4年 G(L記)、K(SLカ)                   3年 N(医)                   2年 自分(気)                   OB KOグレード:1級上                                                                                                             目的         : 滝の突破力強化、お助け紐の練習、楽しむ                                              天候    : 晴れ→曇                           ...

Read More

2020/8/4 熊倉沢右俣右沢・左俣西沢w-ing

【メンバー】 4年 S坂上 SL熊倉 3年 新居 2年 大佐古 田中 OB木村 【ルート】 南郷バス停(9:00)ー林道終点/入渓(9:30)ー右俣右沢遡行ー浅間峠先(11:50)ー熊倉山(12:15)ー左俣西沢下降ー林道(14:50)ー南郷バス停(15:40) 【詳細】 南郷バス停 9:00 遅刻者により1時間遅れでスタート。林道は若干荒れている。一部崩落しているが、代わりの踏み跡は明瞭。 林道終点/入渓 9:30 陸軍滝は左から巻ける。踏み跡がある。ずり落ち注意。また、腐っている木が多いため、支えにするのは慎重に。 4mCSは、下から足を押さえてあげれば突破できる。残置はぐらつくので使用不可。自力で上がる。 10m滝は素直に直登できるので、リード登攀とハーケン打設を練習がてら行う。中部あたりにハーケンを打つのに良い場所がある。抜けなくなってしまったため、残置。打った本人から、軟鉄のハーケンを使った疑惑がある。 浅間峠先 11:50...

Read More

2020/8/8 水根沢谷w-ing

【メンバー】 4年 L坂上 SL熊倉 3年 新居 2年 大佐古 OB 木村 【ルート】 水根バス停(8:40)ー入渓地点(8:50)ー半円の滝(11:00)ー登山道の木橋(13:00)ー1070m遡行終了点(14:00)ー水根バス停(15:10) 【詳細】 入渓地点 8:50 2年田中が体調不良で急遽不参加に。田中の団体装備回収で1時間遅れでスタートする。 CSトイ状4mが一番の難所。右岸をへつり、滝つぼ付近で左岸の壁へ勢い任せに泳いで取りつく。どうにか突っ張れる体勢に持ち込んで、上がっていく。水量が多いとどうにもならないと思う。左岸から巻けるが、高度感がある。 2段滝は、巻くと高度感がある。右壁をへつり、水面付近から突破した方が安全だが若干難しい。残置ロープがあるが、上部に引っかかっていることもあるため注意。巻き道から下に落としてあげると良い。初心者にはロープを出してあげる。 半円の滝は取りつきも上がるのも楽。最後まで突っ張れば良し。...

Read More

2020/7/19 鷹ノ巣w-ing

【行程】 東日原バス停(8:00)ー入渓地点/巳ノ戸橋(8:20)ー2段18m大滝(10:40)ー大滝上(11:10)ーロープワークー下降開始(12:30)ー入渓地点(14:50)   昨年増水でやむなく撤退した鷹ノ巣沢。今年は昨年の台風で稲村岩尾根が通行できないため、大滝までの遡下降を行った。 大滝で、リード登攀と懸垂下降を行う。リードのトップは二年生の二人がそれぞれ一回ずつ行った。下部はハーケンや木の根などがあるが、テラスより上は支点を作れる場所は少ない。2度目のリード登攀は時短のため中間者なしで行った。 下降の際、サルの群れを見かけた。今回の沢ではほかにもシカやイノシシがいた。また、奥多摩では熊の目撃情報も。人がしばらく来なかった分動物が下りてきているのかもしれない。 下降後、軽くハーケンの打ち方を練習した...

Read More

2020/7/19 鷹ノ巣谷w-ing(遡下降)

【メンバー】 4年 L坂上 SL熊倉 3年 新居 2年 大佐古 田中 OB 木村 【ルート】 東日原バス停(8:00)ー入渓地点/巳ノ戸橋(8:20)ー2段18m大滝(10:40)ー大滝上(11:10)ーロープワークー下降開始(12:30)ー入渓地点(14:50) 【詳細】 !注意!  2020/7/19時点では、稲村岩尾根は通行不可。巳ノ戸橋までは、崩れている箇所はないが、その先は不明である。 奥多摩駅で鷹ノ巣山方面で熊が出没しているとの情報あり。登山者の減少で野生動物が増えているようだ。今回は、鹿に猿もいた。幸い、熊はなし。 東日原バス停 8:00発 青梅街道脇の階段(通行禁止テープあり)から巳ノ戸橋に下りる。 8:20 巳ノ戸橋 8:30 入渓 連日の雨で増水している。また、下部でも倒木が多かったような気がする。 途中、右岸から大崩落している箇所あり。沢床が埋まってしまっている。左岸側から通行可能。 鹿が斜面を走っていた。落石が怖い。...

Read More

真名井沢上級生w-ing 2020/7/5

メンバー: 4年 G(L、記)、K(SL、カ)3年 N(装)2年 おおさこ(気)、T(医)OB KO気象 : 曇り時々雨 (7:00)川井駅(7:10)~(8:10)とりがや橋(8:25)~520m地点(1本)~ 730m地点(1本)~860~890m地点(1本)~1100mコル(1本)~(14:50) 809ピーク東側(15:00)~(15:35)古里駅計8h35m 〈記録〉始発に乗り7時に川井駅集合。林道歩きのゴールであるとりがや橋はめっちゃわかりやすい。ちょうど1時間かかった。地形図にはない林道が川の上流にも伸びていた。沢装備をつけセーフティートークをし橋の手前側から入渓。オーダーはT.K.KO.自分.N.G。 4つ堰堤を超える。真ん中の2つは巻道があった。ひとつだけ巻いた。どっちかは忘れた。堰堤を超えたところが一応入渓地点らしい。遡行図にはない小滝や支流がけっこうある。遡行図の20mの滝は本流から30mほど離れたところに小さく見えた。約520m地点の左岸で一本。...

Read More

70代夏合宿沢隊2019/8/8-9/1

こんにちは、新人のTです。 今回は沢隊の後半、八幡平での2Rと3Rについて書いていこうと思います。 まずは2Rの大深沢。この沢の特徴はまず何よりも長い河原歩き!C0でなんと5時間の河原歩きと10回以上の渡渉を行いました。(沢隊おなじみ?)のキツイC0は今年も健在です。ですが、幕営地付近の見張り小屋近くには何と自由に入れる温泉があります。(多少ゴミは浮いていますが)温泉に入った後焚き火を囲むのは風情があっていいものです。   サンダルも持って行った方がいいかも 河原は続くよどこまでも…。 C1も河原多め。やっと沢地形になったと思ってもすぐにまた長い河原。途中イワナを釣りつつ幕営地へ。幕営地付近付近で滝越えをしようとしていた憐れなイワナを問答無用で釣り上げて、T先輩の差し入れのトウモロコシと共に頂きました。結局全行程通してイワナが釣れたのはこの日だけ。残念。...

Read More

70代夏合宿陸奥沢の旅人隊1ラウンド 8/8〜12

こんにちは、新人のUです。 もう1ヶ月近くも前の吾妻ラウンドを振り返っていきます。 c0地点である福島県の峠駅まで高田馬場から鈍行。あまり携帯の充電も使いたくなく、かといって本など暇を潰せるものも持ってなく何時間も何もしないで電車に揺られ続けました。初っ端から失敗したなと思いました。 c0〜c1 入渓点まで1時間ほど林道を歩き、いざ入渓。前川大滝沢はナメがずっと続いていてすごくキレイだった。そしてナメは歩きやすい。そんな気持ちいいナメを歩いていると120メートルの滝が出てきた。遡行図であるのは分かっていたがいざ目の前で見ると半端なく大きく圧巻だった。今までの10メートルくらいの滝がとても小さく感じてしまう。   綺麗なナメ 120mの滝 みんなでナメで滑り台 c1〜c2 この日は詰め上がって、幕営地である小屋まで行きます。10メートル前後の滝を何個か越えながら、最後に20メートルの潜滝が現れます。みんなで飛び込んだりして遊びました。   20メートルの潜滝 c2〜c3...

Read More

倉沢谷、鷹ノ巣谷沢pw-ing 7/13-14

こんにちは、新人のUです。 今回は奥多摩に沢登りに行きました。 沢登りはゴールデンウィークの体験以来2回目で久しぶりだったので楽しみでした。始め水に入ると冷たくて入りたくなかったが、いきなり全身に水を浴びなければいけなかったので我慢して入った。けど入って動いていると気持ちいい。体験の時とは違い、高い滝がたくさんあり、高巻いたりして超えていった。他にも初めて実戦で懸垂下降をした。先週練習したにも関わらずまだちょっと怖かった。先輩はするする降りていって楽しそうだったので、早く慣れて楽しめるようになりたい。詰め上がりはやっぱりキツかったが錬成合宿で鍛えられたので耐えられた。   日曜日は朝起きてそこまで雨が降ってなかったので、鷹ノ巣谷に行ったが、10.20分くらいで相当増水していたのでちょっとだけ懸垂下降の練習をして渡渉訓練をすることになった。川はめちゃくちゃ冷たくて入りたくなかった。川を何往復もして寒かった。...

Read More

海沢谷・岳陵岩pw-ing 2019/7/6/7

こんにちは、新人のTです。今回は奥多摩でロープワークと渡渉の訓練をしてきました。 1日目 初めてのステビの後、岳陵岩まで移動してロープワークの訓練を行います。初めて岩場で行った懸垂下降では、最初足がすくんでしまいました。個人的には下降中よりもロープに体を預けるまでの方が不安になります。その後は、登り返しの確認等をしたのち、新人はひたすら懸垂下降の練習をしました。後半は下降にも慣れ、スムーズにできたと思います。 奥多摩駅に戻った後は、駅近くの河原で焚き火をしました。こういったことも沢の魅力ですね。 二日目...

Read More

水根沢上級生w-ing 2019/6/29

こんにちは、2年のN居です。6/29(土)に水根沢に行ってまいりました。 アプローチがバスから徒歩5分ほど。早い。アプローチで1時間以上歩くのが普通なのだから驚くべき利便性です。雨で増水したのもあって、水量が多かったです。ただそのおかげで滝つぼが深くなり、難しい滝にチャレンジできました。 今までやった沢の中で、今日が一番濡れました。足がつかないところもあり、初めて沢の中で泳ぎました。もうザックを極力濡らしたくないという思いも潰えたのでただただ気持ちよかったです。しかし難易度は爆上がりで半円の滝に関しては3,4回滑り落ちそうになりました。成功はしてません。5回目で落ちました。二度目のチャレンジもしてません。しっかり巻きました。ただ難しいことにがむしゃらに挑戦するのも子供の時以来でしたので、何か大切なものを思い出せた気がします。しみじみ。...

Read More